政治

麻生太郎を激怒させた「迎合男」岸田文雄に橋下徹がアドバイス「民間人になればいいんだから」

 弁護士で元大阪府知事の橋下徹氏が、窮地に追い込まれている岸田文雄首相にアドバイスしている。Xで提言したのは、次のようなものだ。

〈岸田さん、ここまで来れば狂ったように、改革案件を片付けていけばいいのに。自民党議員や業界や高齢者から猛反発を受けても、あとは民間人になればいいだけなんだから。総理総裁や国会議員に居続けることにこだわらず、民間人になる覚悟で改革をやりまくったら、気付いたら支持率が上がってるよ〉

 これを読んだ自民党のある閣僚経験者は「すでに狂ったように世論に迎合している」と感想をもらした。

 岸田首相は「自らが率いた派閥『宏池会』の解消」「衆院政治倫理審査会(政倫審)への出席」「政治資金規正法改正でパーティー券購入者の公開基準を5万円へ引き下げ」を打ち出し、党内外を驚かせた。

「プレジデント・オンライン」によると、麻生太郎副総裁は岸田首相がパーティー券の公開基準額を当初案の10万円超から公明党の要求を飲んで5万円に引き下げたことに反発し、周辺に「党内は皆、怒っている。いちばんまともだと思っていた岸田がいちばんエキセントリックだった」と不快感を露わにしたという。

 つまり、自民党内から見れば、岸田首相はすでに常軌を逸したことをしており、党内の支持を失っているというわけだ。

 橋下氏がアドバイスするように、岸田首相としては最大の懸案である憲法改正に着手し、9月の自民党総裁選を乗り切りたいところだろうが、自民党内では「首相にその余力は残っていない」という見方が急速に広まっている。

(田中紘二/政治ジャーナリスト)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】