スポーツ

メッシ出場「コパ・アメリカ2024」よ、お前もか!アマプラ生中継に「なぜ?」の不満が噴出したわけ

 欧州のナショナルチームの頂点を決める「ユーロ2024」が開幕し、サッカーファンにとっては、睡眠不足の日々が続いていることだろう。

 そんな中、怒とうの展開で日本時間の6月21日には、南米のナショナルチームの最強を争う「コパ・アメリカ2024」が開幕する。

 厳密ではないが、原則4年ごとに開催される本大会は、南米サッカー連盟が主催する「世界で最古」のナショナルチームによる大陸選手権だ。

 ユーロとあきらかに違う点は、南米以外の国が「招待国」として参加すること。今大会はアメリカで開催されるという理由で、北中米カリブ海サッカー連盟に加盟する、アメリカ、カナダ、メキシコ、ジャマイカ、コスタリカ、パナマが参加して熱戦が繰り広げられる(出場は計16カ国)。

 実は、日本も1999年と2019年に出場している。しかし、両年ともグループリーグで1勝もあげられずに敗退し、国際親善試合では味わえない、世界との差をまざまざと見せつけられた。

 欧州トップリーグで活躍する選手や、足元の技術に優れた南米の〝金の卵〟が揃うだけに、サッカーファンなら是が非でも観戦したいところだ。そこで気になるのが、日本での放送予定だが…。

 ユーロ2024では、開幕1週間前までテレビ局やネット配信局が決まらず、ファンをやきもきさせた。ところが、急転直下でWOWOWが全51試合の配信(月額視聴料は税込み2530円)を発表すると、2日後にはABEMAが全試合無料生中継すると発表し、途端に「騒動」へと発展してしまった。

 同様に、コパ・アメリカ2024は配信局が不透明だったが、やはり開幕直前に進展が見られた。しかし、これがどうも手放しでは喜べないモヤモヤっとする内容のようで、またしてもサッカーファンを渋い顔にさせている。サッカーライターが話す。

「6月6日に『Amazon Prime Video(以下、アマプラ)』のライブ配信が決定しました。配信予定はブラジル、アルゼンチンのグループステージ6試合と、決勝トーナメント8試合の計14試合です。アマプラといえば、通常会員の月額プランの料金は600円。有料とはいえ、試合を見られるだけよかったと、一旦は誰もがホッと胸を撫で下ろしたんです。ところが、開幕3日前の6月18日に、今度は『サッカーキング』の公式ユーチューブで、グループステージの18試合を無料生配信すると発表しました。これには当然、歓喜と驚きの反応がありましたが、生配信の予定リストを確認すると、アマプラで配信されるアルゼンチンとブラジルの試合がないんです。サッカーキングが配信するのは、それ以外の国のグループリーグの試合のみでした」

 ユーロ2024では、あわててWOWOWと契約したファンをあざ笑うかのような、ABEMAの「後出しじゃんけん」が一部から批判された。それと比較すれば、今度は見られなかったはずの試合を見せてくれるという意味で、「サッカーキング」が救いの手を差し伸べたと解釈できるはずだが…。サッカーライターが続ける。

「大会を楽しむ以上、熱心なファンは全ての国の試合を見たいですからね。配信してくれるサッカーキングに文句は言えません。ですが、コパ・アメリカで王国ブラジルと、カタールW杯優勝国でメッシが出場するアルゼンチンを見られないのは、飛車角落ちどころか、金と銀もないのと同じ。結局はアマプラ有料会員であることが前提の応急処置といえます。それなら、アマプラで全試合中継してほしいという声が出るのは当然で、どうにも中途半端ですね。ユーロといい、コパといい、サッカーファンは『なぜ?』の連続で、放送権料をめぐる配信メディアの思惑や事情に振り回されている印象です」

 日本時間の深夜から明け方がメインのユーロとは違い、コパ・アメリカは全試合が午前7時から10時のキックオフだ(開幕戦は6月21日午前9時)。時間的には見やすいと感じる人が多いだけに、そんな細かい不満を忘れてしまうような、最高の大会になることを願いたい。

(風吹啓太)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】