政治

都知事選に殴り込む「元市長インフルエンサー」石丸伸二の「実績」って何だ!?

「今のところ『元安芸高田市長』っていう肩書きでやっているんですけど、もうユーチューバーでもいいかなと思い始めています。ただ、このユーチューバーという肩書きを末永く使うわけにはいかない、というところです。次の肩書きをしっかりと目指しているところなんですが…」

 曇天の下でそんな演説を展開したのは、東京都知事選への立候補を表明している石丸伸二氏だ。6月18日18時過ぎにJR田町駅芝浦口前で行われた街宣活動には、仕事帰りのサラリーマンなど300人ほどが集まった。

 6月17日に開いた会見で「東京を動かそう」というスローガンとともに、「政治再建」「都市開発」「産業創出」の3本柱を発表。9項目の公約を順に挙げると、「都政の見える化・分かる化」「ICTを利用した民意の集約」「政策の合理化・適正化」「災害リスクへの対応」「2つのエコ(経済と環境)の両立」「多摩格差の是正」「教育の深化・進化」「外需の取り込み」「46道府県との協調・協働」となる。その全てに具体的な施策がイメージされているというが、ビラ配りを手伝った市民ボランティアによれば、

「この日は、来る人口減少社会を経済の力で好転させる必要性を『経世済民』なる言葉を用いて熱弁しました。日本の課題解決のためにも、東京都を『経済都市』として再定義させることの必要性を指摘していましたね」

 2006年に京都大学経済学部を卒業するや、三菱UFJ銀行に入行。2014年にはアナリストとしてニューヨークに赴任するエリート街道を歩んでいたが、2020年7月に脱サラして広島県安芸高田市長選に立候補。見事に当選した異色の経歴の持ち主だ。先の市民ボランティアが語る。

「SMSのショート動画で、知名度が全国区になった印象です。そもそも、安芸高田市は2004年に高田郡吉田町をはじめとした複数の郡と町が合併してできた自治体。町議会から引き継がれた旧態依然とした市議会メンバーを、石丸氏が論破する姿が注目を浴びてきました。そうしたパフォーマンスばかりに目がいきがちですが、ちゃんと市民のための政策を実行しています」

 最もわかりやすい例は、2024年度から小中学校の給食を無償化したことだといい、

「世帯間の格差を埋めるだけでなく、給食費にまつわる事務作業をなくすことで、教職員の負担軽減につながりました。特別な交付金やふるさと納税に頼らず、一般財源の組み換えのみで実現させたことが、他の自治体から評価されています。それでも小池百合子さん、蓮舫さん相手の選挙は劣勢だと思います」(前出・市民ボランティア)

 約10分の街宣活動を終えると「ゲリラ握手会」がスタート。求められるがままに、笑顔で握手や写真撮影に対応していた。「緑のタヌキ」と「赤いキツネ」の首都決戦に割り込む「インフルエンサー市長」。勝利の女神は誰に微笑むのか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】