芸能

有名美女15人の“アレ”をツマミ出す!「大島優子がブカブカのTシャツで…」

20150709p-2

 バストトップの色といえば、男子一同が幼少の頃より思い浮かべてきたのが「ピンク」だったはずだ。

 司会を務める「有吉AKB共和国」(TBS系)で、ファンの夢を膨らませるバストトップの秘密を明かされたのは小嶋陽菜(27)だ。

 手始めに、透けているアンダーウェアをよく身に着けていることが話題に。当然、ブラ下の様子もそこはかとなく見えてしまうだろう。すかさず、胸をつぶさに見てきた峯岸みなみ(22)が、

「色がいいから出している部分もあると思う」

 として、その色を「桜色」と暴露したのだ。さすがに苦笑いの小嶋だったが、すぐにこう逆襲に転じた。

「みいちゃん(峯岸)の胸、けっこういいんですよ。形はいいけど、乳首は私のほうが勝ってる。色は大したことないです」

 恥ずかしげもなく峯岸も応戦だ。

「でも、大きめです」

 アイドルライターの堀越日出夫氏が言う。

「写真集やランジェリーのCMなど露出が多くセクシーさを前面に出してきた、こじはるには清純なイメージを抱いていませんでした。ところが、意外にもまだ見ぬ乳首だけはアイドルらしさをひっそり忍ばせていたんですね」

 余談だが、AKB48に関しては、乳首にまつわる話題が事欠かないようだ。

 6月14日に放送された「情熱大陸」(TBS系)では、出番前のスタジオ脇で渡辺麻友(21)が両人さし指で柏木由紀(23)の左右の乳首をワンピース越しに突いたのである。2人は笑顔を絶やさず、さらに指原莉乃(22)も同調して、両人さし指で柏木の乳首をツンとやったのだ。

「カメラに撮られているのに、恥ずかしがる様子もありませんでした。あまりに自然で、AKBの中ではそんな“秘め遊び”が日常的に行われていることをうかがわせましたね」(前出・堀越氏)

 卒業した大島優子(26)の胸元奥を偶然、のぞき見してしまったという、芸能プロのマネージャーも自嘲気味に話す。

「数年前に日をまたいで長時間に及ぶ生放送番組があったんです。放送中、大島さんも1~2時間だけ休憩の時間がありました。すると周囲をスタッフがバタバタと動き回る舞台裏で仮眠を取り始めたんです。スタッフは忙しすぎて誰も目に留めていませんでしたが、夏場だったので、Tシャツを着ていた彼女の胸元がブカッと開いていた。ブラを着けていなかったのか、素肌の胸が目に飛び込んできて、かなり大きかったのを覚えています。その大きさに圧倒されてしまい、乳首の形状までは記憶しきれませんでした」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故