芸能

永井美奈子、久保純子…テレビ局を退社した女子アナたちのイマに迫る!

20150709q

 アイドル並みの人気を誇り、CDデビューまでした元日テレアナの永井美奈子(49)。フリー転向後は、「笑っていいとも!」のレギュラーなど人気番組に出演していた。だが、01年に携帯サイト運営会社社長と結婚して長男が生まれると、テレビの世界から離れていった。

「今はイベント活動に力を入れていて、東北で朗読会を開催したり、ワインパーティの司会をしています」(事務所関係者)

 永井の後任として、クイズ番組「マジカル頭脳パワー」を引き継いだのは美女アナの魚住りえ(43)だ。

「ナレーションは歴代アナの中でもトップクラス」(番組関係者)

 と言われるアナウンス技術を生かして、話し方教室「魚住式スピーチメソッド」を開講した。魚住を知る関係者はこう話す。

「スクールにはアナウンサー希望者だけではなく、企業の営業マンなどが参加しています。魚住さん目当てで男性のほうが多いです」

 3年前に4歳年下の会社員と再婚している。

 NHKの人気アナといえば、紅白歌合戦の司会まで務めた「クボジュン」こと久保純子(43)だろう。

 11年には夫の勤務先となった米国に移住するため、レギュラー番組を全て降板。2年前に帰国後、フリーとして活動を再開したのだが、テレビ出演の機会は以前よりもグンと減った。

「人気絶頂の時に辞めてしまったので、局内では反感を買っていました。『久保に仕事を振るな』という話が出ていたほどです」(NHK局員)

 困った時の身内頼りとはいかないようだ。

 テレビで見ることはなくなったが、経済界で大出世していたのは福島敦子(53)だ。CBC入社(中部日本放送)⇒NHK契約キャスター⇒フリーアナと転身。しかし、06年にパナソニックの経営アドバイザーに就任(のちに退任)すると、今年6月には名古屋鉄道で女性初の社外取締役に抜擢され、今後の働きぶりが注目されているのだ。

 最後は、「スイカップ」で有名になり、NHK契約アナからタレントに転身した古瀬絵理(37)。11年に大胆な写真集を披露したが、本人の中では譲れない一線があったようだ。出版社の編集者が語る。

「8年ほど前に写真集の話を持ちかけると、事務所サイドは前向きでした。島まで連れていったのですが、いざ脱ぐとなると逃げてしまう。多大な経費を使ったのですが、結局、お蔵入りとなりました」

 4年前に8歳年上の男性と結婚して、男児を出産すると、HカップからIカップに成長したという。その自慢の胸と“幻”のバストトップが披露される日が待ち遠しい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
5
「落合さんの言うことを聞いておけば良かった」あの日ハムOBが動画で“猛省”