芸能

ジャニーズ一期生・永田英二が明かす大スター10人の素顔「フォーリーブス時代の思い出」

20151008o

 伝説のグループ「フォーリーブス」の初期メンバーであり、69年にジャニーズ事務所で初のソロデビューを飾った永田英二。1人の歌手として、音楽プロデューサーとして、そして友として─親交を深めてきた大スターたちの(秘)素顔と、約半世紀に及ぶ波乱万丈の音楽人生を初激白した。

「ジャニーさんは温厚そうに見えて、怒るとすごく怖い。ちょっとでも不真面目な態度を見せると『コラァ~!!』ですからね」

 懐かしそうに振り返るのは、ジャニーズ事務所のソロ歌手第1号であり、現在は音楽プロデューサーの永田英二(60)。彼の半世紀以上にわたる音楽活動の原点が、今でも「ジャニーさん」と慕うジャニー喜多川氏(83)だ。その出会いは1963年、劇団に所属していた当時8歳の永田が、ミュージカル「王様と私」に出演していた時のことだ。

「父親が振付師の仕事をしていた関係で、ジャニーさんが控え室に挨拶に来てくれたんです。今じゃそれが代名詞みたいになったけど、そんなに『ユー!』とか言いませんよ(笑)」

 橋幸夫に憧れていた永田は、喜多川氏にこう声をかけられた。

「歌に興味があるなら遊びに来ないか?」

 誘われるまま事務所に出入りするうちに、いつの間にか所属歌手になっていたという。

「まだ事務所と呼べるようなものではありませんでした。ナベプロという大きな事務所の中のジャニーズ企画のようなものでね。ジャニーさんも個人プロデューサーという感じでしたね」

 永田は、のちにリーダーになる故・北公次らとともに「フォーリーブス」の初期メンバーに選抜された。

「いちばん年長だったコーちゃん(北公次)は、伊勢湾台風で家が流されちゃって、成功することに必死でした。レッスンが終わってからも、『自主練習しよう』と。でも自分は最年少メンバーで、体力的にキツい。嫌でしょうがなかった(笑)」

 地道にライブを重ね、フォーリーブスは人気グループに成長。だが、テレビのレギュラー番組が決まったことで、本人はグループからの脱退を余儀なくされる。

「小学生だったので、夜の生放送番組に出演できなくなったんです。当時は児童福祉法が厳しくてね」

 ソロに転向して発表した最初のシングル「あこがれ」(69年)が30万枚を超えるヒット。私生活では、ビッグスターとの交友関係を広げていく。

「毎晩のように赤坂のディスコに出かけていました。内田裕也さん(75)と何度も顔を合わせるうちに、『ボーヤ、これ歌いな』と曲までもらったりしてね」

 親交を深めた盟友の一人が俳優の故・安岡力也だ。

「力也はすごかった。何軒もハシゴしては、ボトル4本は軽く空けていましたね。喧嘩も強くて半グレみたいな連中が『本当に強いのか?』と難癖をつけてくるんだけど、返り討ちにしていました。でも、キックボクシングを始めてからは、『プロが素人に手を上げちゃいけない』と穏便に済ませていましたよ」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
スリムクラブに続くW痛手!「闇営業謹慎」2700ツネ、「目隠し遊び」報道の波紋
2
「不貞騒動明け」後藤真希、夫と腕組みアピールに「旦那がすげえイヤそう」の声!
3
“DNA”のエース!?横浜DeNA綾部投手の「18人不貞」にネットが大喜利状態!
4
長瀬智也の「地獄で会いましょう」ジャニー社長追悼に込められた“ケジメ”
5
すでに練習開始?24時間テレビ、未発表の走者に浮上した「最近激ヤセ」アナ