芸能

爆死ドラマ「結婚式の前日に」は香里奈の“リハビリ”のためにやってる!?

20151110karina

 4年ぶりの連ドラ主演で復活を期す香里奈が、その目論見に反していよいよ世間の話題にも上らなくなってきた。11月3日放送のドラマ「結婚式の前日に」(TBS系)第4話は、視聴率5.7%で前回から微減。第2話の4.6%は上回っており、復活の兆しもありそうだが、テレビ誌のライターは話題性に乏しいと指摘する。

「第4話では最低ラインと言われる5%をなんとか死守しましたが、どうせなら3%台くらいに落ち込んだほうが、よっぽど話題になったかもしれません。低視聴率だけど大失敗もしていないドラマが一番、記事にしづらいんですよ。今期は視聴率10%超えのドラマが多く、そっちを記事にしたほうが読者のウケがいいですしね」

 これが1年前なら視聴率5%で大騒ぎだったかもしれないが、2.8%を記録した「HEAT」(フジテレビ系)の惨状を知る今となってはまさに中途半端な数字でしかない。一方で前出のテレビ誌ライターはこんな視点も紹介する。

「香里奈の話題が少ない理由には、ドラマ自体が記事にしづらいという面もあります。演技は言うほど下手ではなく、ドラマの出来はそこそこ評価されている。一方で脳腫瘍がテーマのため雰囲気が暗く、ドラマチックな展開も少ないのです。それに対して『HEAT』ではAKIRAの大根役者ぶりや突飛なストーリー展開など、ツッコミどころがたくさんありました。それに比べると『結婚式の前日に』はどうも、安全運転に徹している感があります」

 たしかに「HEAT」は視聴率は低くても、振り切っている感にあふれていた。消防がテーマなのに舞台が夏祭りで火事も起きないとか、腹を刺されて重傷のAKIRAが炎の中から人を担ぎだすなど、ネットで話題になるようなエピソードを次々と投下していたのである。視聴者の中には一体どれほど酷いドラマなのかとチラ見し、納得してはチャンネルを変えたという人も少なくなかったはずだ。

 それに対して「結婚式の前日に」では、香里奈を女優として盛り立てようという気負いのあまり、炎上しそうな要素を徹底的に排除しているように見える。たとえばベッド写真流布でダウンしたイメージを取り戻すためか、艶っぽい要素は徹底的に排除されているといった具合だ。しかもコミカルな場面も少ないため、視聴者が疲れるドラマになっているのである。

「せっかく結婚がテーマの一つなんですから、ベッドシーンくらいサービスできるはず。そうすれば香里奈本人は吹っ切れているという評判も立つというものです。そういう計算ができないのはテレビ局が悪いのか、所属事務所のせいなのか。せっかく視聴率も瀬戸際で踏ん張っているのだから、実にもったいなく感じますね。まるで、香里奈の“リハビリ”のためだけに存在しているようにすら見えます」(前出・テレビ誌ライター)

 このまま低空飛行を続ければ、ドラマの存在自体を忘れられかねない恐れもある。制作側や事務所はここらで、ひと勝負に出たほうがいいのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…