芸能

全日本「魅惑のバスト」ベスト50(31位~40位)舞台で揺らしまくった深田恭子

20160102bust

 2015年での活躍をもとに2016年の飛躍が期待されるバストの持ち主は誰なのか? グラドルだけじゃなく、旬の女優も女子アナもアスリートも文化人もすべて縦断し、ひたすら「魅惑のバスト」という観点で「ベスト100」をランキング付けするというユニークな企画が、現在発売中の「アサ芸シークレットVol.37」で掲載されている。その中から抜粋してカウントダウンでお伝えしていこう。

○40位 橋本環奈(アイドル/152センチ 推定81センチCカップ)

「1000年に1人の逸材」と呼ばれて2年が経つが、さらなるミラクルを発見。成長期であるため、胸のふくらみも著しいのだ。

○39位 杉原杏璃(グラビア/157センチ B89・W59・H80)

ライバルだったほしのあきや熊田曜子がグラビア戦線から撤退しても、最年長グラドルの牙城は杏璃が死守。しかも、さらに攻めの姿勢。

○38位 深田恭子(女優/163センチ B86・W62・H88)

 昨年8月には舞台に初挑戦して、ナマで揺れる双丘を披露。さらに、三十路にして水着満載に挑んだ写真集もロングセラーを続けている。

○37位 安枝瞳(グラビア/159センチB87・W61・H95)

 多くのショットがヒップ強調の「ヒップグラマー」ではあるが、見逃してはいけない。正面に回っても、十分に豊かなバストの持ち主!

○36位 筧美和子(タレント/166センチ B89・W60・H80)

 このところのトレンドである「ファッション誌のモデルで、なおかつ豊かなボディ」のトップランナー。そのモチ肌には誰もがノックアウトだ。

35位 鈴木ふみ奈(グラビア/167センチ B96・W62・H93)

 長身でHカップのダイナミックなプロポーションを誇るが、近寄りがたさを感じさせないのもふみ奈の魅力。もはや「プロバスト」の域だ。

○34位 大島優子(女優/152センチ B82・W55・H81)

 映画では日本アカデミー賞優秀助演女優賞、テレビでは初のドラマ主演。なまめかしい姿に成長した充実の2015年だった。

33位 宇垣美里(TBSアナ/163センチ 推定86センチEカップ)

 ここ数年の女子アナ界では、もっとも可愛らしく、もっとも豊かなボディとの呼び声も高い。しかも、丘陵を強調する衣装が多いのも二重丸。

○32位 中村静香(グラビア/163センチ B88・W60・H86)

童顔でありながら、手足の長さにドキッとする。清純派でありながら、酔った姿の可愛らしさに定評ありとは、どこまで惑わせるんだ!

31位 二階堂ふみ(女優/157センチ 推定83センチEカップ)

 夏に公開された「この国の空」で、主演女優賞との呼び声も高い。期待された完脱ぎは実現しなかったが、射程圏は間違いない。

※このランキングは有名人を対象に、【1】バストサイズ【2】カップサイズ【3】人気・知名度【4】メディア出演度【5】衝撃度を総合してアサ芸シークレット編集部が独断で決定しています。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!