芸能

“天敵”ダレノガレも復帰ラブコール…しかし世間はもうベッキーに関心ゼロ!?

20160510becky

 ベッキーが「週刊文春」へ直筆の手紙を送り、その手紙の中で不貞の相手であった「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音と決別していることを明かした。それに加えて“友人関係”と貫いていた2人の関係も恋愛関係だったと今さらながら認めたわけだが‥‥。

 今年一、二を争うほどのビッグな芸能ニュースとなったベッキーの不貞愛騒動の新展開ということもあり、当然、多くのメディアが同ニュースを紹介。複数の著名人たちもコメントを出している。

 著名人たちのコメントを見てみると、「いつでも戻ってくればいいなと思ってる」と語ったヒロミをはじめ、尾木ママこと尾木直樹氏は「誠実な自分を取り戻したベッキーに拍手」とその対応をプラスに評価する声が多い。ベッキーの騒動発覚時には「空いた席には座らせていただきます」と後釜を狙っていたダレノガレ明美までもが「早く会いたいとみんな思っている」と復帰を待ち望んでいるほど、ほとぼりが冷めたのか、なんとなく復帰へウェルカムな状態になっている。

 しかし、そんな中、今回のベッキーの対応を批判したのがオリエンタルラジオの中田敦彦だ。

 中田は4月27日放送の情報バラエティ番組「白熱ライブ ビビット」(TBS系)で、ベッキーの手紙について「あざとく感じる」と持論を展開。

「番組ではMCを務めるTOKIO・国分太一、真矢ミキとベッキーの肩を持つようにフォローを入れていましたが、中田は容赦なく今回の対応を批判していました。真矢は『あっちゃん、私たち何も被害被ってないし‥‥』と、今回の騒動で芸能人の口から耳にたこができるぐらい聞かされた常套句についても、『尊敬してたから対応についてガッカリしたという話。こっちに被害があったかどうかの話じゃない』と発言を緩めませんでした。ちょっと肩に力が入りすぎだし、尊敬していたとか取って付けたようなコメントにも首を傾げますが、芸能仲間たちの間で“時効”となあなあなムードが出てきている中で、視聴者側に立った勇気ある発言だとは思います」(エンタメ誌ライター)

 とはいえ、このベッキーの手紙問題は世間ではそれほど盛り上がってない。一般の声も「今さらかよ!」「戻りたかったら勝手に戻ればいいじゃないの」「もうベッキーのネタ自体がウザい」と、あの騒動が嘘のような冷めっぷり。中田の正義感あふれたコメントもすぐに風に吹かれてどこかへ行ってしまいそうだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”