芸能

松本人志の芸能活動休止で早くも浮上した2024年「M-1グランプリ」審査員問題

「2022年には上沼恵美子に代わって山田邦子が、2023年は立川志らくに代わって海原ともこが『M-1グランプリ』審査員席に座り、山田とともに初の女性審査員2人体制となりました。ただ、松本人志の穴を埋めるのは容易ではないでしょう。なにせ島田紳助とともに第1回大会の審査員を務め、出演回数は歴代最多の16回を誇りますから」

 お笑いライターがこう話すのも無理はない。ダウンタウンの松本人志が1月8日に、当面の芸能活動休止を発表したからだ。

 昨年末の「週刊文春電子版」によれば、2015年に都内ホテルのスイートルームで飲み会が行われ、複数の女性が松本から性行為を強要された、と告発したというのである。

 当の松本は自身のX(旧Twitter)で「事実無根なので闘いまーす。それも含めワイドナショー出まーす」と投稿し、裁判による全面対決の姿勢を見せているが、レギュラー番組を多数抱える超大物芸人だけに、各局に与える影響は大きいだろう。それはM-1グランプリとて同じ、というのが冒頭のコメントだった。

 では2011年に芸能界を引退した島田紳助の後釜探しで、M-1は苦労しなかったのか。お笑いライターが言う。

「M-1は2010年の第10回大会を節目に、一度終了しました。2015年に復活した際には、中川家の礼二、チュートリアル・徳井義実、NON STYLEの石田明、サンドウィッチマン・富澤たけしなど、過去の優勝者9人(アンタッチャブル以外)が審査員として出場しました。再びその形式を取り入れるのもアリだと思います。なにせ松本は単なる審査員のひとりではなく、象徴みたいな存在であり、代役を任される側も荷が重い。昨年の決勝大会でも『令和ロマン』と『ヤーレンズ』の審査員の評価が3対3に割れる中、松本のひと推しで『令和ロマン』が優勝しましたが、異論は生じませんでした」

 そういえばオリエンタルラジオの中田敦彦は昨年5月、自身のYouTubeチャンネル〈中田敦彦のYouTube大学-NAKATA UNIVERSITY〉で松本への提言を行ない、物議を醸したが、上沼恵美子から「審査員いっぺんやってみたらええんや」と言われている。これを受けて、同年6月には「ラッキーなんですよ。本当にやらせてくれるかも~、ワンチャンあるかも~なんですよね」と前向きな発言をしているが…。

 早くも年末のM-1審査員が気になって仕方がないのだ。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
2
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬