芸能

間寛平と山口組「消せなかった関係」(4)

30分で5万円の即席ショー

 本誌に掲載された手記を覚えているという山口組系の元ヤクザはこう話す。
「あの頃は、寛平の世話をしたという親分さんはぎょうさんおったで。親分のところに、寛平が遊びに行くやろ。すると、そこの若い衆が近隣のスナックやら飲食店を案内して回るわけや。そこで、寛平は酔客を相手に『おっさんアホか~』とかギャグをかまして、即席ショーを開くんや。1軒で30分ぐらいやって、5万~6万円のギャラを受け取る。大阪には『間寛平の店』と看板を掲げるスナックがあったほどや」
 寛平といえば、70年に吉本新喜劇の研究生となり、その4年後には座長になっている。木村進(61)とのコンビで、関西ではそれなりの知名度があった。それでも、ヤクザの世話にならざるをえない事情があった。
「吉本はギャラが安いやろ。当局がとやかく言う以前の80年代半ばぐらいまでは、親分たちの世話になって、歓楽街を営業して回る吉本芸人は寛平以外にもおったわ」(前出・元ヤクザ)
 まさに、逮捕された服部容疑者が寛平との関係を築いたのも、こうした背景があったのだろう。
 本誌は95年に手記を寄せた組長の消息を訪ねた。前出の恐喝事件の刑期を務め上げ、10年ほど前に出所していた。現在は、カタギとして暮らしていた。
 そして、再び寛平を巡り、恐喝事件が起きたことに関して、こう話した。
「先日、報道で事件を知った息子から『オヤジがやったんかと思うた』と電話もらったぐらいです(笑)。ワシはもうカタギになってずいぶんたちますから、何か言える立場ではない。ただ、ワシの経験から言えるのは、寛平という男は恩を恩とも思わない。義を義とも思わん男やったということだけですわ」
 もちろん恐喝行為が許されるわけはない。しかし、今回、逮捕された服部容疑者にも同じような思いがあったのではないだろうか。
「服部容疑者の親族は『寛平とは家族ぐるみのつきあいで、金を貸したこともあった』と話しているそうです。服部容疑者も突然、寛平から縁を切られて、恩を仇で返されたという思いがあったのではないでしょうか」(前出・社会部記者)
 寛平が上手に「恩返し」さえしておけば、山口組との関係が浮上してくることはなかったのかもしれない。かつて、芸人とヤクザが肩を並べて歩いた時代があった。今となっては、ヤクザにとっては古きよき時代であるが、芸人にとっては消し去りたい過去となっているのだから‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”