芸能

え、本当は3位!?三代目JSB岩田主演「植物図鑑」が1位となったカラクリとは?

20160609iwata

 かつてのキムタク、結婚するまでの福山雅治に成り代わり、現在女子中高生からOLや主婦まで、日本中の女性の目をハートマークにしている男といえば、三代目JSBの“がんちゃん”こと岩田剛典だ。

 そんなモテモテの岩田とNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」でブレイク中の高畑充希がW主演した映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」が6月4日に公開され、週末ランキングで1位に輝いた。EXILE系映画やドラマはどれもコケるという定説を一蹴、岩田人気を裏づけるとともに文字通りの大ヒットとなったわけだが、じつを言えば、あまり“堂々たる1位”ではないのだ。

 さまざまな映画関連サイトを覗くような詳しい方なら、先週末の興行ランキングで「植物図鑑」が3位となっているランキングも存在することに気がつくだろう。

「じつは『植物図鑑』の実質の興行収入は3位なんです。ここでいう1位というのは観客動員数のこと。欧米と違い、日本では芸能界や配給会社の思惑もあり、表向きに発表されるランキングはすべて動員人数。一般の大人がIMAX3Dで2400円を払うのと、アニメ映画の入場料1000円の小学生では、日本のランキング上は同じカウント“1”になる。ですから、昨年も子供の付き添いで親まで必ず動員できる『妖怪ウォッチ』が、興収ではずいぶん離されながらも『スターウォーズ』を抑えて1位になるという逆転現象が起きました。今回の『植物図鑑』も初日の舞台挨拶やそのライブ中継で動員人数を稼いだおかげの1位といって過言ではありません。関係者は圧勝する予定だったそうですが、フタを開けたら2位の『ズートピア』とはたったの500人差、しかも興行収入ではR15指定の『デッドプール』が1位、『ズートピア』は2位でしたから、『植物図鑑』は世界基準でいえば3位。手放しでは喜べないという理由はそれです。しかし、メディアで流されるのは動員ランキング。おかげで“ズートピアを破って1位”と謳えるわけですから、話題の洋画を確実に負かすには、やはり人気タレントの舞台挨拶やライブ中継は欠かせないと関係者はさらに実感したでしょうね」(エンタメ誌編集者)

 それでも「植物図鑑」は土日で約3億円を売り上げているだけに、スイーツ映画の最低ノルマである10億円は超えそうとのこと。2週目も1位を取れるようならホンモノだと認められるかもしれない。

(藤田まさし)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
2
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
3
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)
4
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
5
二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)