政治

舛添要一都知事 公金流用よりひどい「下半身公私混同」を調査!(2)御用達のお店「J」の隠れたサービス

20160616x

 一方、東京・新宿歌舞伎町のディープな一角にある中華料理店「J」。

「舛添サン、昔からウチの店に何回も来てるヨ!」

 と教えてくれたのは同店の中国人店員だが、実はここ、ただの飲食店ではない。いわゆる「連れ出し系」のスポットで店員とホステスが「ぜひ、お店に来て」と勧誘する「出張営業」にやって来るのだ。

 午前1時を過ぎたあたりからホステスの出入りが激しくなり、近隣の夜の店まで男性客を連れて行く。そこで客は酒を飲みながら気に入ったホステスを選び、ラブホテルへ‥‥という流れになるのだ。さながら「J」は「売春酒場」といったテイである。「J」に行ったことがあるという舛添を知るジャーナリストは、

「さすがに都知事になってからは来ていないと思いますが、『J』は舛添氏御用達の店として有名です。頻繁に入り浸っている中国人客も店で舛添氏と会って話をした、と自慢していました」

 実はこの界隈には他にも「S」という、同じく連れ出し営業ホステスが出没する店があり、舛添氏はここも訪れていたという。「J」や「S」で業活動を展開するのは複数の連れ出しキャバクラだというが、

「時間無制限で5000円ポッキリ、さらに1万5000円とホテル代をプラスすれば本番ができます」(前出・ジャーナリスト)

 あらぬ疑いを持たれかねない、舛添氏の“好奇心”旺盛な素行の数々。実は舛添氏は他人のカネで乱痴気騒ぎも繰り広げていた。

「彼が新党改革代表だった3年前、赤坂の韓国クラブで大はしゃぎしているのを見かけましたよ」

 と語るのは、50代の貿易会社社長である。

 このクラブは客単価が10万円を軽く超える高級店で、舛添氏は支援者と見られる中年男性4、5人と来店していたという。

 貿易会社社長が、目撃談を続けて明かす。

「とにかくにぎやかな飲み方をしている集まりでしたね。舛添さんは大して飲んでいなかったようですが、ノリノリで支援者の人たちと韓国人ホステスに自慢話をしていました。途中からホステスの太腿をさすったり胸元をのぞいたりと、エスカレートしていきましたね」

 乱痴気騒ぎを繰り広げたあげく、舛添氏一行はそれぞれホステスを伴い退店。

「あそこは“お持ち帰り”できる店だと聞いています。店の支払いは支援者の一人がしていましたよ」(前出・貿易会社社長)

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
4
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
5
ファン困惑!竹内結子“夜の営み”を妄想させた5カ月ぶりのインスタ投稿