政治

舛添要一都知事 公金流用よりひどい「下半身公私混同」を調査!(2)御用達のお店「J」の隠れたサービス

20160616x

 一方、東京・新宿歌舞伎町のディープな一角にある中華料理店「J」。

「舛添サン、昔からウチの店に何回も来てるヨ!」

 と教えてくれたのは同店の中国人店員だが、実はここ、ただの飲食店ではない。いわゆる「連れ出し系」のスポットで店員とホステスが「ぜひ、お店に来て」と勧誘する「出張営業」にやって来るのだ。

 午前1時を過ぎたあたりからホステスの出入りが激しくなり、近隣の夜の店まで男性客を連れて行く。そこで客は酒を飲みながら気に入ったホステスを選び、ラブホテルへ‥‥という流れになるのだ。さながら「J」は「売春酒場」といったテイである。「J」に行ったことがあるという舛添を知るジャーナリストは、

「さすがに都知事になってからは来ていないと思いますが、『J』は舛添氏御用達の店として有名です。頻繁に入り浸っている中国人客も店で舛添氏と会って話をした、と自慢していました」

 実はこの界隈には他にも「S」という、同じく連れ出し営業ホステスが出没する店があり、舛添氏はここも訪れていたという。「J」や「S」で業活動を展開するのは複数の連れ出しキャバクラだというが、

「時間無制限で5000円ポッキリ、さらに1万5000円とホテル代をプラスすれば本番ができます」(前出・ジャーナリスト)

 あらぬ疑いを持たれかねない、舛添氏の“好奇心”旺盛な素行の数々。実は舛添氏は他人のカネで乱痴気騒ぎも繰り広げていた。

「彼が新党改革代表だった3年前、赤坂の韓国クラブで大はしゃぎしているのを見かけましたよ」

 と語るのは、50代の貿易会社社長である。

 このクラブは客単価が10万円を軽く超える高級店で、舛添氏は支援者と見られる中年男性4、5人と来店していたという。

 貿易会社社長が、目撃談を続けて明かす。

「とにかくにぎやかな飲み方をしている集まりでしたね。舛添さんは大して飲んでいなかったようですが、ノリノリで支援者の人たちと韓国人ホステスに自慢話をしていました。途中からホステスの太腿をさすったり胸元をのぞいたりと、エスカレートしていきましたね」

 乱痴気騒ぎを繰り広げたあげく、舛添氏一行はそれぞれホステスを伴い退店。

「あそこは“お持ち帰り”できる店だと聞いています。店の支払いは支援者の一人がしていましたよ」(前出・貿易会社社長)

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
朝ドラ「おちょやん」初回から視聴率イマイチで今後も心配の“致命点”
3
瀧内公美、ドラマ「共演NG」「恋する母たち」より見たい完脱ぎ映画3作品!
4
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪
5
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ