女子アナ

【#都知事選】「アッコにおまかせ!」誤情報問題で「宇内梨沙アナが勝手に言っただけ」責任押し付けの愚

 7月7日に投開票が行われた東京都知事選挙をめぐって、当日に放送された「アッコにおまかせ!」(TBS系)が大騒動に発展している。

 この日、番組では「意外と知らない!?投票所グッズ雑学」と題し、投票に関する様々な話題を紹介。宇内梨沙アナが進行役を務めた。

 問題視されたのは、投票用紙の記入方法についての解説だった。勝俣州和から「ひらがなで書いてもいいんですか」と問われた宇内アナは、

「正しく、立候補した名前で書いてください。ひらがなで立候補した方はひらがなで、漢字で立候補している人は漢字で書くようにしてください」

 この解説の約20分後、宇内アナは訂正を余儀なくされる。

「先ほどお伝えした投票用紙の記入の件なんですけれども、候補者の名前をカタカナ、ひらがなで記入しても、候補者と特定できれば有効になるとのことでした」

 だが、時すでに遅し。この誤情報に「ミスリードではないか」「選挙結果に影響を与えかねない」など怒りの声が、視聴者から出ていたのだ。

「確かに当初の説明では、漢字表記を間違えやすい蓮舫氏にとって、マイナスになることは容易に予想できます」(テレビ関係者)

 さらに波紋を広げたのは、翌日のネットニュースに掲載されたTBSのコメントだった。投票に関する誤情報についての問い合わせに「予定していた内容ではありません」として、宇内アナのアドリブ的なものだったと説明。これに「宇内アナは言わされただけではないか」との異論が相次いだのだ。前出のテレビ関係者もこれに頷く。

「元TBSキャスターの杉尾秀哉参院議員が〈これはアナウンサーの責任なのか?事前の打ち合わせを含めて局の責任でしょう〉とXで指摘しているように、さすがに宇内アナのアドリブとは考えられない。こうした重要な内容を、コメンテーターにならまだしも、アナウンサーに独断で解説させるケースは見たことがありません。台本を読んだだけ、と捉えるのが妥当です」

 TBSはずさんな打ち合わせを裏付ける「誤ったテロップ」まで出していた。

「番組では『投票所入場整理券をなくしてしまったときの対応』として『身分証等で本人確認ができれば投票可能』とテロップを出しましたが、これも誤り。実際は選挙人名簿に登録されていることを確認できれば、手ぶらでも投票が可能です。この件だけでも番組のリサーチ不足は明らか。今回の問題で『宇内アナに責任を押し付けている』と思われても仕方がありません」(前出・テレビ関係者)

 宇内アナの心境や、いかに。

(川瀬大輔)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
2
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
3
【専門計測値で判明】12球団で最も本塁打が出やすい球場は「甲子園の4倍」のココだ!
4
「元祖SNS炎上妻」騒動もあったけど…広島カープ・小園海斗が4番で成功した「最大の要因」
5
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」