芸能

菅野美穂「深夜の大ゲンカ」でバレた稲垣吾郎との腐れ縁ジャニーズ“順番待ちの掟”で結婚できない!

 その関係が最初に報じられたのは2000年。何度も危機を乗り越えたが、結局、08年に破局を迎えたはずだった。ところが、そんな2人、菅野美穂(34)と稲垣吾郎(38)のツーショットが再び目撃されたのだ。しかも‥‥。

 5月下旬の夜分に銀座の路上で2人が目撃された、と報じたのは6月12日付の「東京スポーツ」である。

 記事によれば、酒に酔った菅野が泣きながら稲垣に向かって罵声を浴びせていたというのだ。

 通行人たちが異変に気づいて群がってくると、稲垣は、

「まずいよ、まずいよ」

 とオロオロ。何とか菅野をなだめるため、ビルの奥に連れて行こうと、手を引いた瞬間、菅野は絶叫。

「もう行って! 1人にして!」

 稲垣は髪を触りながら茫然とするばかりで、

「なんで、なんで‥‥」

 と情けない声を出していたというのだ。

 そんな大ゲンカがあったかと思えば、5月の上旬には、2人が神宮外苑のゴルフの打ちっぱなしに手をつないで現れたとも書かれている。

 芸能記者が解説する。

「このカップルは、子供を産みたかった菅野に対して、稲垣がそれを望んでいなかった。結果、08年にきちんとした話し合いをして別れたんです。とはいえ、交際中もホステスとのホテル密会を激写されるなど、たびたびの浮気も許してきたほど、菅野のほうがホレていた。だから破局後も、菅野のほうから稲垣に電話連絡をし続けていました。稲垣と別れて彼女に浮いた話ひとつなかったのはそのためで、彼女の友人たちは別れた直後から『どうせまた元に戻るんでしょう』と予言していたほどです」

 つまり、2人は復縁をしていた。だからこそ一緒に飲み歩いていたのだ。再びの破局危機かは定かでないが、偶然、ケンカした夜に目撃されたのだろう。

「2人は98年にドラマ『ソムリエ』(フジテレビ系)で共演したのをきっかけに交際がスタートしたと言われています。しかし、2人の出会い自体は20年前。バラエティ番組『桜っ子クラブ』(テレビ朝日系)で、92年にまだ下積み時代のSMAPメンバーとマイナーアイドルという関係だった。それだけ長い期間一緒にいる腐れ縁ですから、離れられませんよ」(スポーツ紙芸能デスク)

 ならば、切っても切れない縁で、今度こそこのままゴールインなんてこともあるのだろうか。

「いや、ジャニーズには人気を維持するため、年に1人しか結婚しちゃいけないという掟があるんです。キムタクのように“デキ婚”で強行突破という例外もありますが、今は国分太一を筆頭に、香取慎吾や松岡昌宏など、結婚は順番待ちの状況。SMAPの育ての親と言われる女マネジャーは菅野がお気に入りで、破局の際に『何で別れるの?』と言ったとされるほどですが、稲垣がよほど骨を折らないと、この不文律は破れません。かつて菅野は稲垣について『あの人、優柔不断!』と友人にこぼしていた。交際が復活していてもそんな愚痴を言い続けるのでは」(前出・芸能記者)

 路上でのケンカ目撃談がさらに増えそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】