芸能

菅野美穂「下ネタにガハハ笑い」四十路“桃”素顔(2)撮影現場での雰囲気が一変

 振り返ればここ数年、菅野の活躍があまり聞こえてこなかったのは、15年と18年に出産し、子育てに奔走していたからにほかならない。

 芸能ジャーナリストが明かす。

「夫は、ドラマ『半沢直樹』主演の堺雅人(47)ですからね。大河ドラマの出演や昨年の『半沢直樹』の続編を巡ってもスケジュールが二転三転している中で、子供も手がかかる時期。とにかく仕事は最低限で、子育て中心の生活をしていた。彼女自身、両親が共働きで家を不在がちだったこともあり、家庭中心の生活に憧れを抱いていた。過去の交際でもそのあたりの条件を満たす相手が見当たらず、堺だけが子育てにも協力的なスタンスだったことも、結婚の後押しをすることになったとか。そのおかげで、堺はドラマでの威勢のよさは影を潜めて、家庭ではもっぱら子育て役に徹しているそうです」

 実際、15年以降、菅野の作品の出演は数えるほど。

「ドラマにしても17年の『監獄のお姫さま』(TBS系)では比較的、出番が少なめで、最小限の撮影日数で済ませていたとか。当時は、現在5歳になっている長男がまだ赤ちゃんだったにもかかわらず、作品の脚本が宮藤官九郎だったこともあって、本人もノリノリで出演した経緯がある。今回の突然の主演復帰も、脚本を大御所の北川悦吏子が担当し、直接、菅野にラブコールしたこともあって出演を決めたといいます。菅野本人もやみくもに作品に出るよりも、子供が大きくなった時に一緒に見られるような作品に出たいという方針があるようですね」(芸能ジャーナリスト)

 撮影現場でもその雰囲気は一変したとか。もともと、撮影現場に入ると、役柄に集中することはもとより、事前に台本を読み込むタイプだったが、これにも変化が生じた。

 テレビ誌編集者が明かす。

「撮影現場では、優等生タイプの女優ですが、いい意味で結婚・出産後は力が抜けて、現場のムードメーカーになっているそうです。笑い上戸なので、以前は先輩役者がわざと、リハの合間などに下ネタを炸裂させる場面もあったようですが、最近では、周囲の下ネタにガハハ笑いで応じるなど、いい意味でさばけたキャラになって好感度もますますアップ。ラジオ番組でバイきんぐの小峠英二(44)も『下ネタを言って他の女優さんはひいても、菅野さんは笑ってくれる』と大絶賛していました。下ネタ耐性ができて覚醒したことが、ダウンタウンの番組でのサービス精神に表れているのでは‥‥」

 収録時にはアドリブも飛び出したというから、今後、ますますバラエティーのオファーも殺到するに違いない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
広瀬すず、「ネメシス」最終回の“胸スラッシュ爆揺れシーン”が称賛の嵐!
4
熊田曜子だけじゃない!?「大人の夜の玩具」を愛用する女性芸能人とは?
5
加藤浩次が目撃していた!タモリの本当の“髪型”