芸能

放送開始!NHK新朝ドラ「べっぴんさん」“桃”レポート!(1)復帰の菅野美穂は色香に磨きがかかった

20161013j

 高視聴率を達成したNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」の後釜「べっぴんさん」の放送が始まった。戦時中の設定だけにもんぺ姿が長く続くようだが、「色香がない」と嘆くことなかれ。多くの女優が出演する「女の園」はフェロモンであふれ返っていたのだ! キャッチした桃色な舞台裏をレポートする。

 平均視聴率が20%を超えたNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」。そのあとを受け、10月3日から「べっぴんさん」がスタートした。ある芸能記者が解説する。

「今作の舞台は神戸で、皇室御用達の子供服メーカー『ファミリア』の創業者の一人・坂野惇子さんが主人公のモデルです。父は現在のレナウンの創業者・佐々木八十八さんです」

 物語は昭和初期から始まる。ヒロインの坂東すみれを演じるのは、芳根京子(19)。14年の朝ドラ「花子とアン」で仲間由紀恵(36)の娘を演じていた。

 芳根は会社経営者の父・生瀬勝久(55)と優しい母・菅野美穂(39)、姉・蓮佛美沙子(25)の裕福な家の次女として生まれる。刺しゅうや縫い物が大好きで、太平洋戦争のさなかの19歳の時に結婚・妊娠。夫の出征中、長女を出産するが、終戦間際に地元・神戸が空襲の被害にあう。家と財産を失い、戦地から帰らぬ夫を待ちながら乳飲み子を抱えた芳根は、得意だった洋裁の腕を生かして「子供服作り」を始める──というストーリーだ。

「蓮佛は06年公開の映画『犬神家の一族』でデビュー。07年、大林宣彦監督がメガホンを取った『転校生』で映画初出演を果たします。芳根と姉妹役を演じる蓮佛ともに、平均年齢の高い朝ドラ視聴者への知名度は低いでしょう。かつて朝ドラは大女優の登竜門と言われていましたが、前作は高畑充希(24)をヒロインに起用しました。今作は、NHKとしては原点回帰の意欲的なキャストと言えます」(前出・芸能記者)

 物語の最初のヤマ場は、菅野の死。実際の坂野氏の母は長命だったが、ストーリー上、ヒロインが9歳の時に亡くなるのだ。

 菅野はNHK大河ドラマで主演を務めている堺雅人(42)と13年に結婚。15年の長男出産と前後して、しばらく表舞台から遠ざかっていた。しかし、10月14日から始まる「砂の塔」(TBS系)でも主演を務め、今クールから本格復帰している。

 出産ですっかり“お母さん”となり、かつてのフェロモンは消えてしまったか‥‥と嘆くことなかれ。ますます色香を磨いて帰ってきたのだ。あるNHK関係者が明かす。

「家族と、ピクニックに行った時のシーンがありました。菅野さんは白いブラウスに白のスカート。太陽の光の中で、菅野さんは美しく、スタッフが『オッ!』と息を飲むほどでした。NHK朝ドラには95年に『走らんか!』、01年に『ちゅらさん』に出演していましたが、以前は吹き出物などで肌が荒れていて、メイクが大変でした。今作では透き通るほどの白い肌でサラサラです」

 白い衣装は厚手で、“透ける”サービスはなかった。だが、スカートから伸びた生の足首はキュッと締まり、くるぶしもきれいとあって、上品な人妻の色香を漂わせていたという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】