芸能

菅野美穂が熱演するほど酷評されるカルト教団的ドラマ「ゆりあ先生の赤い糸」ドン底視聴率

 夫の堺雅人は熱演すればするほど、視聴率が上がるのに…。

 菅野美穂の主演ドラマ「ゆりあ先生の赤い糸」(テレビ朝日系)が、女性視聴者から総スカンを食らっている。テレビ関係者が言う。

「テレビ朝日の木曜21時ドラマ枠はこれまで、米倉涼子の『ドクターX』や天海祐希の『緊急取調室』を生んだドル箱枠です。ところが女性コミックが原作の『ゆりあ先生の赤い糸』はこの勢いでいくと、同枠の視聴率ワースト新記録を更新しそうです。こんなドラマ、子供と一緒に見られないと、酷評されています」

 視聴率は6%あまりで、ネット視聴でもドラマランキング22位と撃沈している。その理由は、ストーリーの気持ち悪さだという。

 主人公の夫がくも膜下出血で意識不明の寝たきり状態になったのを機に、20歳以上も年の離れた美青年の愛人と、シングルマザーの愛人の存在が次々と発覚。それでも主人公は愛人2人を養いながら、夫が目を覚ます日が来るまで介護を続ける、というのだが…。前出のテレビ関係者は苦笑しきりで、

「経済的に自立している50歳の女性が、夫の愛人2人を養いながら献身的な介護なんて、するわけないでしょう。すぐ離婚するに決まってるじゃないですか。まるで1人の男を教祖と崇めた愛人たちが集団生活を送るような、カルト教団的ドラマです。しかもキャスティングと台本も、最悪のミスマッチ」

 姑役の三田佳子は主人公の家に押しかけてきた父親不明の幼児を「孫は諦めていたのに」「子供に罪はない」と必死に庇う。さらに2人の愛人がいた夫役の田中哲司は仲間由紀恵と結婚後、不倫スキャンダルを起こした。極め付きは菅野で、愛人2人との共同生活でヒステリーを起こし、模造刀を振り回して夫の名前「ゴロー」を連呼。その姿が、

「元SMAPの稲垣吾郎と交際していた当時の菅野と重なってしまう」

 と前出のテレビ関係者は言うのだ。

「稲垣は親友『ヒロくん』と奇妙な半同居生活を送っています。夫の愛人である同性愛者の美青年相手に『どっちがゴローちゃんを愛しているのか』と罵り合う修羅場は、堺との幸せな結婚生活が霞む。菅野と事務所がなぜこの仕事を引き受けたのか、理解できません」

 視聴率はドン底で、出演者の黒歴史まで蒸し返されるなんて。役者稼業もツライよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」