芸能

恋人より保身を取った?有吉弘行、夏目三久との交際完全否定で女性から総スカン

20161014ariyoshi

「一体あの報道はなんだったのだろう?」

 世間に多くの謎を残したまま、いつの間にか消えてしまった有吉弘行と夏目三久の熱愛報道。スポーツ紙の一面を大きく飾ったスクープだったが、まるで箝口令が敷かれたかのように、マスコミ業界ではその話題がのぼらなくなった。しかし、2人は確かに交際していたと事情を知る人物は語る。

「出会いのきっかけとなった『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)では、夏目が有吉の誕生日には必ずプレゼントを贈ることを話していましたし、番組内での2人のアイコンタクトを見れば、親密なことは明らか。番組スタッフのみならず業界の間では(交際は)すでに有名でしたからね」(テレビ関係者)

 そして、この熱愛に大反対したのが夏目の所属する田辺エージェンシー社長で、「業界のドン」とも言われる田邊社長だ。一部では田邊社長の圧力によりマスコミは一切この報道に触れなくなったと言われているが、当人である有吉に今非難の声が集まっている。

「有吉はスポーツ紙に記事が出た後、ラジオ番組で『(交際は)まったくないことなので、なんとも言いようがない』と交際を否定しました。そして今もその姿勢を貫いている。そんな彼の姿に、『普段はえらそうなことを言っているのに、ああいう時に逃げちゃうなんて正直ガッカリ』と、ぼやく女性スタッフもいるほどです」(前出・テレビ関係者)

 実際この報道で、有吉はレギュラーがなくなる危機にさらされているという情報もある。

「現在レギュラー番組を10本以上抱える有吉ですが、このままでは年末までの間に田邊社長の圧力によりレギュラーが減るのではないかと言われています。そうならないためにも、有吉は夏目との交際を全否定しているのではないでしょうか」(事務所関係者)

 この話が事実なら、愛する女性よりも己の保身を取ったといえる。これでは女性陣から非難の声が上がっても無理はない。ネットで上では「有吉は自分の立場が大切なために、夏目さんをかばわずに、逃げ回っている卑怯者」「有吉は何も語らないし、夏目さんをかばいもしない冷たい男だ」とすっかり評判を落としている。

 地に落ちた評判を取り戻すには、きっぱり夏目との交際を認め、大どんでん返しを決めるしかなさそうだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
5
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣