芸能

「目撃スクープ」一挙出し!アサ芸タレコミ110番!(3)ジム帰りのローラが高級スーパーで…

20161027i

 10月2日の午後3時頃、東京・南青山にある高級スーパーの前に1台のハイヤーが停車。すると、

「大きめのサングラスをかけたローラ(26)が出てきました。羽織ったブルゾンの下は、スポーツブラ、脚の細さと長さが際立つ柄の入ったスパッツ、奇抜なヘソ出しファッションでしたね」(近所の美容師)

 透明感あるすっぴんに、無造作に束ねた髪。どうやら、近くのジムで汗を流した帰りだったようだ。

「入店して迷うことなく向かったのは総菜売り場。さらには、精肉売り場、野菜売り場を何度も行き来していました。食品表示のラベルを穴があくほどくまなく見ながら、卵焼き、サラダ、鶏肉、アボカドを吟味していました」(前出・美容師)

 おとぼけのようで、さすがはモデル! めったやたらにドカ食いはしないのだ。

 都内でも指折りの芸能人出没スポットである青山には、椎名林檎(37)も買い物で訪れていた。

「今年の1月下旬、青山通りから少し入った雑貨店から、大量の袋を両手に提げ、出てきました。お化粧もバッチリしていて、とてもきれいだったので見とれてしまいました。そしたら、目が合ったんですが、その瞬間、林檎は『キャッ』と漏らしたかと思うとおびえるように目をそらして、逃げるようにタクシーに飛び乗って消えてしまいました」(偶然通りかかった男性)

 椎名の“本能”が刺さる視線を拒否したのか。

 石原さとみ(29)の姿がキャッチされたのは、深夜の山手通りだった。

「春先だったかな。小さなワンちゃんを連れていたんですが、何とも近づきがたい空気を醸し出していたんですよ。やたらに周囲を警戒してなのか、大きな目ん玉をひんむいてキョロキョロしていた。白のワンピースに白の大きなツバの帽子姿なので、それがちょっと怪しかったです(笑)。帽子でカムフラージュしているつもりかもしれませんが、特徴のあるプルプルな唇を見れば本人だとすぐにわかりましたよ」(目撃男性)

 ぶらり街を歩いていて、芸能人に出くわすことなど、そうはない。しかも、こんな珍パターンはレアだろう。

 9月の頭、東京・三軒茶屋に姿を現したのは、竹下景子(63)である。

「すいません、世田谷消防署はどちらになりますか?」

 道に迷ったようで、すれ違いざま、男性に声をかけてきたという。

「地味な格好でしたが、小柄できれいでした。道順を教えてあげると、丁寧にお礼を言い、教えたとおりの方向に去っていきました」(声をかけられた男性)

 それから30分ほどたち、男性も用事を済ませて再び近くを歩いていると、なんと先ほど竹下に出くわした道の近くで、見覚えのある顔が近づいてきたという。

「あのう、世田谷消防署はどちらになりますか?」

 なんと2度目の竹下だったのだ。男性が「すいません、さっきも僕にお尋ねになりましたよ」と伝えると、

「あら? 本当に? 困っちゃいますね」

 そう言ってほほえむ竹下。今度は建物が見えるところまで、その男性が誘導していったという。

 8月7日の昼前、京急線下り電車の車内で、フリーアナウンサーの町亞聖(45)とバッタリ鉢合わせ。

「ピンク色でやや丈の短いスカートをはき、わりと派手めの服装でした。にもかかわらず、軽い変装なのか、縁が目立つメガネをかけていたとはいえ、周囲の乗客は誰も彼女に気づかない様子でした。品川駅で乗ってきて座席に着くなり、カバンから書籍を取り出して読み始め、横浜駅まで車内の景色に同化していましたね」(乗り合わせた男性)

 保護色に染まるかのように前には出すぎない。これぞアナウンサーのカガミ!

 仕事の現場で芸能人が目撃されるのは当たり前だが、最後は天海祐希(49)のこんなひとコマ。

「今秋クールのドラマ『シェフ』(フジテレビ系)に主演する天海さんは、撮影現場に栄養ドリンクの『タフマン』を差し入れてくれました。『(私は)オッサンか』と自分で自分にツッコミを入れて、周囲の爆笑を誘っていた。連日、早朝から深夜まで撮影漬けでも、天海さんの肌はいつもツヤツヤ。そのパワーにあやかろうと、差し入れは、あっという間になくなりました」(ドラマ制作関係者)

 芸能人はオンでもオフでも、“らしいオーラ”を放出しているのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道