芸能

後世に伝えたい「ニッポンの大ヒット映画」女優!(5)<大作の色香篇>山口百恵「伊豆の踊子」の幻想的な姿に観客が大拍手

20161215h

 艶を求めた映画ではない。純然たる一般作でありながら、そこに秘められた女優たちの色香は、より甘美な記憶として胸に残った‥‥。

 映画ジャーナリストの大高宏雄氏が「劇場の記憶」として明かすのは、山口百恵(57)の主演第1作「伊豆の踊子」(74年、東宝)だった。

「あの原作は脱ぐんじゃないかとの期待感が高かった。そして岩風呂から飛び出してくるシーンは、厳密には肌色の襦袢のようなものを着ているが、それでも吹き替えなしの本人。何とも生々しい体つきで、映画館にいた観客から歓声が起きていました」

 女優視点で語る映画評論家の秋本鉄次氏は、邦画で初めて配給収入が10億円を超えた「日本沈没」(73年、東宝)を選んだ。

いしだあゆみ(68)が見せた藤岡弘とのラブシーンは印象深い。それまで清純派歌手としては活躍していたけど、女優に転向して、着やせするタイプのグラマラスな肢体にも驚かされました」

 74年度の配給収入で4位にランクインした「華麗なる一族」(東宝)は、山崎豊子原作の骨太な群像劇である。実に3時間半もの長丁場であるが、意外なハイライトがあったと大高氏が言う。

「主演の佐分利信が妻の月丘夢路(94)とベッドにいて、そこに愛人の京マチ子(92)も呼び込む“妻妾同衾”のシーン。日本の一般作で初めて3Pが描かれたシーンであり、あの重厚な佐分利がそれを演じ、2人の女優のボリューム感も見応えがあった」

 デビューからヌード作品が続いた関根恵子(61)だが、文学性という点では「朝やけの詩」(73年、東宝)が1番だ。

「北大路欣也と森の中で抱き合っているシーンは、関根恵子の体の美しさが際立っていた。その場面をポスターに使っていたのだから、当時はおおらかでしたね」(前出・秋本氏)

 湖で泳ぐ場面では、あまりの水面の透明度にヘアが透けて撮り直しという一幕もあったようだ。

「意外なところでは梶芽衣子(69)の大ヒット作『女囚701号/さそり』(72年、東映)もいい。シリーズ1作目の冒頭でヌードになっており、映画自体も添え物扱いからメインに昇格する動員力を発揮した」(前出・大高氏)

 戦後最大のベストセラー小説を映画化したのが「青春の門」(75年、東宝)である。吉永小百合の自慰シーンや、関根恵子の外国人とのカラミも濃厚だったが、これが映画デビューである大竹しのぶ(59)の初ヌードこそ拾い物。

「当時、朝ドラヒロインでありながら映画でヌードになったことで物議を醸したほど。いかにも田舎の少女という素朴で生々しい体つきがよかった。大女優となる第一歩でしたね」(前出・秋本氏)

 あの健さんの数少ない濡れ場の1つが、倍賞千恵子(75)を相手にした「駅/STATION」(81年、東宝)である。八代亜紀の「舟唄」をモチーフに、小料理屋の出会いから恋仲に発展する。

「情事が終わったあと、倍賞が『私、声大きくなかった?』と聞く。健さんは『いや』と否定しながら、心の声として『樺太まで聞こえるかと思ったぜ』とつぶやく有名なシーンです」(前出・大高氏)

 そして最後は「お葬式」(84年、ATG)である。故・伊丹十三の監督第1作で、地味な題材と思われながら、予想外のヒットを記録。テレビでも繰り返しオンエアされていたが、誰の脳裏にも浮かぶシーンといえば──、

「喪服姿の高瀬春奈(62)が、愛人の山崎努と竹やぶでバックからの挿入をせがむ場面でしょう。お葬式の最中という背徳感、そして巨尻を丸出しにした高瀬の豊満な体は刺激的だった」(前出・秋本氏)

 これこそ本来のテーマと違う“想定外のエロス”であったはずだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!