芸能

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(3)トップ女優インタビュー 2時間ドラマの新エース床嶋佳子「高視聴率の秘訣」は〝和服萌え” 「バレエで鍛えた体から色気が出ているの」

 今や“2時間ドラマ界の次世代エース!”とも呼ばれ、各テレビ局の高視聴率ドラマに軒並み出演しているのが正統派美人女優・床嶋佳子(47)。サスペンスのヒロインのみならず、犯人役でもいぶし銀の存在感を放つ秘訣はどこにあるのか。その女優魂に迫った。

 読者の中には、名前だけ聞いてもピンと来ない人もいるかもしれない。しかし、2時間ドラマのみならず、出演作は数知れず。連続テレビ小説「やんちゃくれ」(NHK)、愛の劇場「ママはバレリーナ」(TBS)などが知られ、透明感あふれる容姿とスタイルのよさにファンが多く、2時間ドラマのレギュラー、ゲスト出演も多数ある。テレビでその姿を見れば、いくつもの出演作が浮かぶだろう。

 役柄も幅広く、弁護士から女将、キャリアウーマン、看護師まで、ドラマによってさまざまなファッションを見せてくれ、そのコスプレを楽しむ男性も少なくない。特に和服をしっとり着こなした時のドラマ人気は高く〈あんな女将がいたら通います〉とネットに書き込まれたほどだ。

「ふふふ。着物って体の芯がないと着こなせないんです。最近ではインナーマッスルとか、体幹という言い方をしますね。体幹に軸を持った所作に色気とかが出るんですね。それはバレエの体の動きと共通しています。もし、私の着物姿が似合っていると、皆さんがおっしゃっていただけるなら、そういうことなのかなと思います」

 日本トップクラスのバレエダンサー出身だけに、凛としたたたずまいは、ドラマの中でも貫録すら感じさせる。

 そんな彼女の原点は、バレリーナから女優に転身してまだ3年もたたない93年に出演した、火曜サスペンス劇場「九門法律相談所」シリーズ(日テレ系)だった。名優・山崎努と父娘の弁護士役を演じたことで、女優としての意識が大きく変わったという。

「演技のことも何もわからない頃でした。私がヤクザのところに聞き込みに行ってピンチになった時、山崎さんが助けてくれるシーンでした。山崎さんがカバンでバ〜ン! と机を叩く。その叩き方に、その役の人間性が出ていたんです!

 それ以来、私も演技する時に、意識するようにしています。しぐさの一つにもその時の状況と、キャラクターが演じられるようになりたいって」

 視聴率的にも今や、彼女は欠かせない存在だ。7月28日に放送された土曜ワイド劇場「京都南署鑑識ファイル 京グルメ殺人事件〜最後の晩餐の謎!!」(テレ朝系)では、料理研究家・花房香子役を演じ平均視聴率は11・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出した。

「このドラマは、台本をいただいた時に、“最後のどんでん返しを効果的にするためにも、前半は嫌な強い女に映らなければならない”という自分の中に生まれたキャラクター像と、監督や脚本の先生のイメージとは少し違っていたみたいで、それをクランクイン前にもかかわらず、何度もその人の人間像についてお話を重ねさせていただいたので、とても印象に残ってます」

 最近のテレビでは、もっぱら犯人役が多い。あるブログでは〈床嶋さんが出たら、どんなにいい人でも犯人の確率が高い!〉と書かれており、アイドル評論家・小谷哲氏も「ワケあり、陰のある役をやらせたら絶品! リアリティがある」と絶賛する。

 当の女優・床嶋自身の演技論を聞こう。

「役をいただいた時、いちばん意識するのは、やはり人間ドラマです。やった罪は罪だけど、この人間がどのように生まれ、育って生きてきたかを思いながら、なぜそういう罪を犯さなければならなかったのか? これが彼女のいちばん根っこにあるトラウマではないのか? と考えながら役に取り組みますね。ただそのいちばん琴線に触れる部分は、自分の腹の奥に入れておく。人間は表向き、それとは別の顔を持って生きていくものですから。表向きの顔と、それとは別の心の奥底をいかに深く持つか。それが犯人を演じる醍醐味ですね」

 この夏は朗読劇「この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ」に出演。年末には、来年のロンドン公演も決定した舞台「家康と按針」への出演が予定されている。

「いろいろやらせていただいて、私の中ではすごくバランスがいいな〜と思っています」

 テレビのみならず、舞台にも活躍の幅を広げる床嶋佳子の気負いのない自然体こそが、視聴率女王たるゆえんなのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…