芸能

これがニッポンの「隠れた大きな胸を持つ美女」(4)<お笑い・ものまね編>綾瀬はるかクリソツの沙羅に注目

 かつて艶っぽいなどとは無縁だったバラエティの住人たちが、今では「意外性の魅力」をフルに発揮。女芸人&ものまねタレントからベストナインを選抜!

 衝撃だったのは大久保佳代子(46)の妖艶グラビアである。大人の熟した女感がたっぷりのEカップバストは、ワイドショーなどで取り上げられる人気となった。これまで「意外と胸が大きいのでは?」とささやかれていたものの、十分に“商品”としても通用することを身をもって証明した。

 さて、若手に目を向けると──、

「新年早々にブレイクしたブルゾンちえみ(26)は、白ブラウスがはちきれんばかりの豊満ぶり。大みそかの番組で司会を務めた岡村隆史が『このくらいのだらしない体がエエわ』と、そのDカップを絶賛していました。他にも一般人の描写が絶妙な横澤夏子(26)は、顔は庶民的だが、ボディはモデル級を自負している。さらに『ちょうどいいブス』をキャッチフレーズにしている相席スタート・山崎ケイ(34)も、やや太めながら『ちょうどいいおっぱい』が自慢です」(放送作家)

 こうした強豪がひしめく中、みごと「O(おっぱい)-1グランプリ」を制したのは、たんぽぽ・川村エミコ(37)だ。その破壊力を、川村自身が答えた。

「Hカップあります。4月には写真誌で袋とじも組んでいただいたんですよ」

 顔に目をつぶれば(失礼)、写真のようにグラビアアイドル顔負けのナイスボディである。

「大きくなりたいなあ‥‥って思っていたら、特に何かやったわけでもないのに今みたいに成長してました。残念ながら張りはないんですけど(笑)、Hカップで注目されるのはありがたいことです」

 続いて「ものまね」の世界に目を移すと、メイクものまねという新ジャンルを生み出したざわちん(24)がヤバい。自身のインスタグラムにたびたびアップする水着姿は、Fカップはあろうかという“恵体”だ。

「宇多田ヒカル公認のミラクルひかる(37)はEカップの美ボディ。土屋アンナのものまねが板についてきたみかん(33)は、デビュー当時は100センチIカップを誇っていました」

 ここに加わる勢いなのが、綾瀬はるかにクリソツの沙羅(34)だ。年齢も、165センチ、B88・W62・H93のプロポーションも「本家」とほとんど変わらず。

「以前は営業の仕事をしていたんですけど、似ているというだけで、取引先に御飯をごちそうになることが多かったです。綾瀬さんと同じFカップありますので、いつか番組で共演できたらいいなと思います」(沙羅)

 何ならアサ芸で「なんちゃってグラビア」もいかが?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桑田佳祐の「挑発」に長渕剛が「ケンカをふっかけるなら相手をみろ」の全面戦争/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘話
2
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
3
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
4
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線
5
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!