芸能

いとうあさこを襲った悲劇!自宅で朝まで飲んだ男が真顔で言った「まさかの数字」

「すぐ凹んじゃうメンタルが弱すぎる女VS強すぎる女」

 こんなテーマで進行したテレビ番組で、いとうあさこが「悲劇のエピソード」をぶっちゃけた。

 それは4月10日の「上田と女が吠える夜」(日本テレビ系)でのこと。発端は、たんぽぽの川村エミコが「同じ相手に5年間で8回告白した」と驚きの体験を語ったことだった。

「私、恋愛に関してはメンタル強くて、まっすぐ伝えるタイプ。一回断られても7カ月くらい経てばリセットされるかなと。一から入る感じで告白した」

 そんな8度にわたるアタックでも思いは成就せず、

「私の知り合いの人と結婚するって連絡受けて、終わりました」

 これに「対抗」したのが、いとうだった。

「恋愛に関しては自信がなさ過ぎて、自分からは絶対にいけない」

 そう語るいとうはある日、飲み友達の男性から、いとうの自宅で飲みたいとの連絡を受け、仕事で帰宅が遅いことを告げたところ、

「それでもいい」

 いとうは「もしかすると私にほの字なのかな」と期待を膨らませた。

 そして夜中から飲み始めたところ、なぜかそんな話は何もないまま夜が明け、やおら男性が正座。いとうは「お、いよいよか」と告白を期待したが、男性の口から出たのはなんと、

「5万貸してくれ」

 5万というリアルな数字を聞いたいとうは「この友達関係もやめていいんだ」と思ってシクシク泣いてしまったという。

 翌日、先輩のトークライブに呼ばれたいとうは、目を泣き腫らしていたのだが、前日のエピソードをまたしても泣きながら話したところ、大ウケ。

「恋愛としては悲惨な結果に終わりましたが、ウケたのならお笑いタレントとして正解。ライブとテレビ収録で2度もウケたことで、お釣りが来ますね」(お笑いライター)

 お金を借りるなら付き合ってからにしてくれ…ってことではないか。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し