芸能

8.6秒バズーカー、月収最高500万円という「過去の栄光」語りでガッチリ!

 7月6日放送のバラエティ番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に、お笑いコンビ・8.6秒バズーカーが出演。所属する吉本興業史上最速の単独公演、DVDリリースに輝いた過去を振り返った。田中シングルとはまやねんの2人が、MCのネプチューン・名倉潤や次長課長の河本準一らを相手にかつての「栄光の日々」を明かした。

 8.6秒バズーカーは2014年末にリズムネタ「ラッスンゴレライ」でブレイク。全盛期の2015年は、雑誌の取材やテレビ収録など1日最高21本の仕事をこなしたこともあるという。「朝の情報番組にはじまり、記者会見をしたり、いろんな番組の取材をやったり、タクシーで移動する間も助手席から取材された」そうで睡眠時間も1時間、あるいは、一睡もせずにシャワーを浴びるためだけに、ホテルに戻り次の仕事先に出発するのが普通だったとか。

 売れっ子時代にインタビュー取材した芸能ライターが言う。

「ものすごい忙しさで、1週間に何度も東京と大阪をとんぼ返りで往復する日々だったそうです。毎日夜中までびっしり仕事がつまっていることを嘆き、とにかく眠りたいと訴えてました。点滴や注射を打ち、乗り切ってたんです。人前でサングラスをはずさなかったのは、今考えてみると充血した白目や目の下のクマを隠すためということもあったんでしょう」

 2人が手にした最高月収はひとり500万円。それも「(しゃべる)LINEスタンプが売れたので、それがボンッと入ってきた」ためで、臨時収入込みの破格の金額だったようだ。2015年の流行語大賞にノミネートされるほど売れたが、次第に人気が落ち、今では滅多にテレビで姿を見かけなくなったのだ。今、いくら稼いでいるのかについては、「先々月70万円、先月30万円、今月50万円」と明かしていた。

 30万円だった先月は「ヤバイ!このまま(消えて)なくなると思いました」と自ら笑いにしていたが、

「本業よりバイトが主な収入源という芸人も多い中、まだずいぶん恵まれているほうですよ。やはり持ちネタ、それも子供に人気のあるリズムネタがあるのは強いですよね。吉本は全国に劇場を持ってますから、仕事が途切れることもない。こうやって売れっ子芸人時代の話題で仕事も舞い込んでくるし…ガッチリ稼げてるんじゃないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 体を壊すほど忙しくならず、今のご時勢で決して貧乏というほどではない毎月の収入。むしろベストな状況だったりして。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す