芸能

高島礼子 離婚後も変わらず支援?高知東生と横浜「高級ホテル密会」を目撃

 元夫・高知東生(52)が逮捕されてから1年余、高島礼子(53)の周囲が騒がしい。芸能レポーターが振り返る。

「昨年6月、高知が逮捕されたのは女性とホテルにしけこんで、行為に及んだ直後のことでした。15年に芸能界からの引退を宣言し、病身である高島の父の介護に専念していると言われていただけに、二重の意味で妻を裏切ったことになります」

 世間は猛批判を浴びせたが、「おしどり夫婦」と呼ばれた妻の高島は異なる反応を見せた。女性誌ベテラン記者が明かす。

「高島は高知と別れることに未練タラタラで、事務所が説き伏せてようやく離婚を発表している。とはいえ、懲役2年、執行猶予4年の判決を受けた高知の保釈金や弁護士費用を負担したのは高島でした。そればかりか、今春から再びエステ店をオープンさせた高知を陰ながら支援するなど、今でも2人は密に連絡を取り合っています。最近も横浜の高級ホテルで密会している姿が目撃されています」

 一部報道では、高知が親しい飲み仲間に「今度、礼子を連れてくる」と語ったとされ、復縁説が現実味を帯びてきたが、

「逮捕直後の会見では、自身も尿検査を受けたことまで明かしたうえで、妻としての責任を果たせなかったことを謝罪した。事件直後に主演した連ドラは放送中止にこそなりませんでしたが、予定していたシリーズ化は白紙に。また、CMも事実上降板となっているだけに被害額は数億円にも上るはずです」(前出・芸能レポーター)

 甚大な被害を受けたにもかかわらず、高島が高知を支援し続けるのはなぜか。

「当初からホスト上がりの高知とトップ女優の高島の結婚は格差婚と揶揄されていましたが、その高島自身もレースクイーンから出世した苦労人で、決して芸能界のエリートコースを歩いてきたわけではありません」(前出・女性誌記者)

 そのため、高島は周囲に元夫との関係について、

「男女を越えた“同志”のような縁だ」

 と語っているという。2人の絆は思いのほか強く、

「芸能界を引退してまで親の面倒を見てくれたという恩義も強く感じているようです」(前出・女性誌記者)

 復縁が実現し、「シャブ男」を更生させれば“姉御妻”としてイメージ回復は間違いなし。高島の未来は「不肖の夫」にかかっている!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」