スポーツ

智弁学園と智弁和歌山の「智弁対決」が過去に1度だけ実現していた!

 熱戦が続く甲子園。全国から勝ち上がった強豪校が覇を競うこの大会だが、兄弟校や同じ大学付属の系列校の対決ともなれば、ユニフォームが似ていて、見ているほうにとっては攻守の見分けが付きにくいということになるのではないか。

 実は同じ大学の系列校対決は春夏通じて何回か実現しており、夏の甲子園では’83年第65回大会の初戦で東海大第一(現・東海大静岡翔洋)対東海第二(現・東海大熊本星翔)の東海大学の付属校対決などが実現している。この時は同年の春の選抜でベスト4の実績があった東海大第一が13‐1と圧勝してその貫禄を示したが、実は見る側からしてもあまり混乱することはなかった。というのも、同じピンストライプのユニフォームながら、地の色が微妙に違っていたため、見分けることがさほど難しくなかったのだ。

 全国各地に大学の付属校が散らばっているため、こうした大学の付属校対決は、甲子園ではレアケースながらも実現の可能性があるが、次に紹介する対決はレアケースの中でもかなりのレアケース。

 それが実現したのは02年第84回大会3回戦でのこと。奈良県の智弁学園と智弁和歌山の兄弟校対決が決まったのだ。地方大会では95年秋の近畿大会で対決が実現しているが(この時は智弁和歌山が5‐0で勝利)、甲子園では今のところこの1回のみ。

 兄弟校なため、ユニフォームのデザイン・色調も同一で、違いは左腕の校章の一部と互いの県名、そして胸に描かれてある“智辯”という字の大きさで判断しないといけないというかなりのわかりづらさだった。とはいえ、この“同一ユニフォーム”対決は大きな混乱をきたすことなく弟分の智弁和歌山が7‐3で勝利している。かつて“もし対戦が決まったら、普段は白い帽子をかぶっているが、どちらかが白ではなくスクールカラーである朱色の帽子をかぶる”という噂があったが、噂は噂のまま終わり、両校とも白い帽子のままであった。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
広瀬すず、「ネメシス」最終回の“胸スラッシュ爆揺れシーン”が称賛の嵐!
4
熊田曜子だけじゃない!?「大人の夜の玩具」を愛用する女性芸能人とは?
5
加藤浩次が目撃していた!タモリの本当の“髪型”