スポーツ

イチロー「来季オリックス復帰」全貌!(2)イチローが駆け寄ってきた

 ここ数年、イチローの日本球界復帰説は幾度も報じられたが、いずれも噂の域を出なかった。しかし、こうした背景もあって、ついに古巣・オリックスが本腰を入れて動き出していたのである。

「そもそも、宮内義彦オーナーはイチローとの関係が切れないように腐心してきた。毎年、イチローは帰国後のオフに球団施設で自主トレをしますが、規則上ではオフの期間に選手は球団施設を使えません。宮内オーナーが特別な手続きを施して、厚遇したんです。全ては、オリックスに戻ってきてもらうためです」(球団関係者)

 昨オフにはマリナーズ時代のチームメイトでもあった長谷川滋利氏(49)をシニアアドバイザーに就任させている。そして今年、球団内では「最後の切り札を切った」と称される人事異動がひそかに敢行されていた。

「元オリックスの捕手で、昨年までスカウト部の国内編成担当だったA氏という職員がいます。主に2軍の選手を見て、居場所のない選手を見つけるやトレードを仕掛けてきた。1軍選手にも目を光らせていて、元・日本ハムの小谷野栄一(36)がFAした際に獲得を進言したこともあります。そのA氏が今年から、スカウト部の海外担当になったんです」(前出・球団関係者)

 この人事にはストーリーがあった。昨年に起きた、さる出来事が鍵となる。オリックスは15年から、球場で観戦以外にも楽しめる「ボールパーク構想」を強化する方針を打ち出してきた。

「現在、準本拠地にしている『ほっともっとフィールド神戸』には屋根がないため、本拠地を『京セラドーム大阪』に一本化する計画があるんです。そこで昨年、球団社長をはじめフロント幹部が本場アメリカのボールパークを視察に訪れています」(前出・球団関係者)

 一行にはA氏も含まれていた。そして、マーリンズの本拠地であるマーリンズ・パークを訪問した際、運命的なシーンが訪れる。視察をしている一行に、イチローが「Aさーん!」と声を上げながら駆け寄ってきたというのだ。

「さすがの球団社長たちも『お前、何であんなにイチローと親しいんだ?』と驚きました。実はイチローの入団直後から寮の同部屋で過ごし、イチローの教育係的な立場にもあったのがA氏なんです」(前出・球団関係者)

 プロの心構えを説いたと言われるA氏。先のように、世話になった関係者に挨拶回りを欠かさないイチローが慕っているのも当然だろう。

「視察の時点で、イチロー獲得に具体的な展望はありませんでした。そればかりか、ここ数年、形ばかりの交渉で手応えを感じられなかったこともあり、今年からA氏をイチロー獲得への交渉役に抜擢し、本格交渉に乗り出すことにしたわけです」(前出・球団関係者)

 気になるのは交渉の進展だが、在阪の球界関係者は、球団フロントが「来年、イチローが帰ってきます」と断言していると明かすのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

    SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。「盛らな…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人を辞めた元木大介に「ヘッドコーチ就任オファー」を出したのはあの「宇宙人監督の球団」か
2
【J1神戸】初優勝が三木谷会長の首を絞める大迫勇也・酒井高徳との契約更新「銭闘」
3
楽天球団「身売り説」再び!乏しい戦力でも補強の余裕なし…安楽智大の「パワハラ騒動」が拍車をかける
4
【現地ルポ】ゴーゴーバー連れ出し3.3万円…タイで夜遊びをすると日本より高い「厳しすぎる現実」
5
イチローは800万円⇒8000万円「MVP」最低年俸の阪神・村上頌樹「一気に大台1億」はあるか