芸能

「カンナさーん!」不振は斉藤由貴のせい?不貞イメージがジワジワ効いてきた!

 渡辺直美の主演ドラマ「カンナさーん!」(TBS系)が振るわない。

「初回は12.0%、第2話はそれを上回る12.6%。第3話も10.1%と好調だったのですが、8月8日オンエアの第4話で初めて9.3%とひとケタに陥落。第5話は10.2%と持ち直しましたが、第6話では 9.7%とまた逆戻り。8月29日放送の第7話は9.2%と、これまでの最低視聴率を記録してしまいました」(芸能ライター)

 渡辺といえばインスタグラムのフォロワー数日本一を誇る超人気お笑いタレント。今作はその彼女のゴールデンの連ドラ初主演とあってオンエア前から話題性も十分だった。また、初回放送後はシングルマザーを演じる渡辺が意外とハマリ役で、演技も「自然体」と好評だったのだ。それを考えると、この視聴率低迷は別の原因を求めたくなってしまう。

 理由として考えられることはさまざまあるが、前出・芸能ライターはこう分析する。

「直接的な原因かどうかわかりませんが、出演している斉藤由貴のスキャンダルも尾を引いているように思います」

 8月3日、「週刊文春」に50代の開業医男性との手つなぎ不貞をスクープされた斉藤は、その日の夜に釈明会見を開いて医師との関係や、激写された日のことについて説明。だがこの弁明が、彼女らしかったと称賛する声もある一方、核心を言わないその姿勢に反発が拡大したというのだ。

「さらに医師と手をつないだ理由は、当初、映画館の階段で転びそうになったためと弁明してましたが、後日『文春』がアップした動画では斉藤はしっかりとした足取りで一人で階段を降り、後ろからついてきた医師に自分から手を差し出している姿が確認できます。これで彼女の言い訳は完全に『黒』であることが明らかになりました。そのうえ、9月5日発売の『FLASH』では、医師と『濃厚なキスをしている』写真まで公開されたんです」(前出・芸能ライター)

 つまり斉藤のイメージは、2度の不貞をしてきた過去も手伝って、地に落ちたわけだが、輪をかけてこの作品での斉藤の役柄もまたタイミングが悪かったという。

「斉藤の役は、不貞した息子をかばい、元嫁に皮肉を言うという母親役を演じています。その姿がスキャンダル発覚後、斉藤本人とダブって見え、『だんだん斉藤由貴のことを嫌いになっていく』といった声がSNS上に殺到しました」(前出・芸能ライター)

 今後このドラマの数字が上向くことはあるか。いずれにせよ、俳優は私生活でやましいことがある時こそ、演じる役を慎重に選んだほうが良さそうである。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白