芸能

桑田佳祐、爆笑問題への前座要請に太田光が快諾で「すいません、アニキ!」

 お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、9月26日放送の「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、桑田佳祐からの申し出をすぐさま快諾したことを明かした。

 これは、桑田がパーソナリティーを務める「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(TOKYO FM)での桑田のトークを受けてのもの。

「桑田が『これからツアー(全国アリーナ&5大ドームツアー)だけどさ、考えてみると、ビートルズなんかさ、武道館来た時なんか、9曲しか歌ってねえんだぞ。俺、9曲くれえでいいんじゃねえのか?』といきなり疑問を呈した。その流れで、『ビートルズは、ドリフ(ターズ)頼んだろ?俺らだったら、爆笑問題に頼んでさ。やってくんねえか?太田君は』と申し出たんです。大の桑田ファンの太田はリアルタイムでこの放送を聴取していて、すぐに『前座やりますよ。やるに決まってんじゃないですか。他のコンビに頼んだら、ただじゃおかないですよ』とメール送信したそうですよ」(ネットライター)

 すると、桑田から「わかりました。すみません、アニキ」という返信が。いつもは暴走しまくりの太田の歯止め役、相方の田中裕二もこの前代未聞のコラボにはノリノリ。「いやあ、いいなあ。言ってくれるだけでも嬉しいもんね。そうやってね、心の片隅にあって言ってくれるだけでもね」と、桑田の申し出に感謝したのだった。

「カーボーイ」では太田が「前座やりたいよね、サザンの前座」と夢見がちにトークを続けた。そして、唐突にビートルズの日本初来日公演について語り始めたのだ。芸能ライターが語る。

「当時、まだ人気も知名度もなかった売り出し中のドリフターズは、ビートルズ目当ての観客の前で、2日間公演。演奏をスタートしたものの、まったくウケず、演奏を終えると、リーダーのいかりや長介が『逃げろ!』と声をかけ、走って撤収した。太田は桑田へ『ドリフは逃げたけど、俺は逃げません。俺は最後までちゃんと、温めますから。逃げません』とメール送信したそうですよ」(芸能ライター)

 すぐにブチ切れることでおなじみの太田、いざ目の前の何万人ものコンサート客にウケなかったりしたら、我を忘れて、桑田ファンに悪態ついたりするかも。少々気が早いが、桑田ファンの大人な対応を期待したい。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった