芸能

「めちゃイケ」終了余波であの人気お笑い企画も終了と勘違いされた!

 バラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)が18年3月末に終了することが明らかになり、世間では同番組レギュラー陣の今後について、様々な推測が飛び交っている。それに伴って人気企画の終了を惜しむ声もあがっているが、それが単なる誤解だというのだ。テレビ誌のライターが指摘する。

「一部の視聴者からは『お正月の「おもしろ荘」がなくなるのは残念』との声が出ています。元旦恒例の『おもしろ荘へいらっしゃい!』は若手芸人のショーケース的な企画で、古くは小島よしお、最近ではおかずクラブやブルゾンちえみといった売れっ子を輩出。そのため“次にくる芸人”を探す登竜門的な存在として人気です。ただこれはめちゃイケではなく、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)内の企画。現時点で『ぐるナイ』に番組終了の予定はありませんから、『おもしろ荘』も存続は確実です」

 両番組を勘違いしていたうっかりさんの視聴者は安心して大丈夫なようだ。ただそんな視聴者の勘違いにこそ、「めちゃイケ」が終了する理由が隠されているという。

「レギュラー番組というのは人気企画の集合体であり、『めちゃイケ』にもかつては『しりとり侍』や『爆走数取団』、オバカタレントの発掘企画である『抜き打ちテスト』など、いくつもの定番企画がありました。しかしいずれの企画も制度疲労を起こしたり、イジメを誘発するといって問題視されるなど、賞味期限を迎えてしまったのです。それに対してネタ見せ番組に強い日本テレビは07年にスタートした『おもしろ荘』をじっくりと育て、元旦にはなくてはならない企画へと成長。今回の番組終了にも、この差が影響しているのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 どうやら「めちゃイケ」の終了は番組自体の燃料切れというよりも、フジテレビの制作体制に原因があるということか。ともあれ、もはや視聴者から求められる番組でなくなってしまったことだけは確実なようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!