スポーツ

平昌五輪まるわかり!激ヤバ「機密文書」(3)メダル候補・小平奈緒を襲った親友の死

 一方、今や平昌五輪で最も金メダルに近いと言われているのが、女子スピードスケートの小平奈緒(31)だ。だがここにきて、赤信号がともっているというのだ。スケート関係者の話。

「1月20日に小平のライバルながら親友でもあった住吉都選手が自宅で死亡していたことが発覚。いまだにそのショックから立ち直れていないのです」

 しかも住吉選手の急死が公表されたのが、結団式当日の1月23日だっただけに、会場に集まった報道陣の質問も競技以外の部分に集中したのだ。

「周囲からは『これで金99%の可能性が狂った。どこまで精神面のダメージを払えるか』とか『金が取れなければ、その理由は明白』と心配の声があちこちから上がっていた。重苦しい雰囲気に包まれる中、気丈にも小平みずから親友の死の話をし始め、取材陣は一様にホッとしましたが‥‥翌日が平昌入り当日だっただけに配慮に欠けるとの声もあった」(前出・スケート関係者)

 メンタルのみならず、小平の飛躍的な成長は、ソチ五輪後に選んだ“第2の故郷”オランダ留学に他ならない。スポーツジャーナリストは、

「オランダの強さの秘密は、大学など研究機関と組んで、科学的なアプローチのもとでの練習だけでなく、環境的にもスケート施設が充実。天然のリンクがいたるところにあるだけでなく、室内リンクが多数あり、幼少期から鍛えられる。結果、オフの期間に自転車競技も取り入れて強化し、科学的な練習が奏功した。またバランスや体の使い方を鍛えるため、古武術からヒントを得て一本歯の下駄を履いてスケート姿勢を保つ独自の練習や、ヨガなども積極的に導入しています」

 女子500メートルは小平と五輪2連覇中の李相花(イサンファ)(韓国)が抜け出しているが、2強に次ぐ存在と目されているのが郷亜里砂(30)。今季は W杯3位が3度で、自己ベストを昨季から1秒近く伸ばすなど、表彰台に手が届く位置につけている。

 30歳で初の五輪出場という遅咲き。山梨学院大学時代から同世代で上位の成績をあげていたが、受け入れてくれる実業団が見つからず、卒業目前にようやく山口県の国体強化選手の話が決まった。その後も地元・北海道の企業所属を経て、現在は練習環境に恵まれない愛媛県のスポーツ専門員として地元クラブに籍を置きながら、長野や北海道を中心に練習を重ねている。

「夏場の練習で尻回りの筋肉が2センチほど太くなったそうです。これによってスタート時の加速が向上。代表チームで短距離を指導するオランダ人のデルクスコーチも『メダル圏内の実力がある』と期待をかけています」(五輪担当記者)

 スケート界屈指のムチムチな尻回りも注目だろう。

 今季のW杯で世界記録を連発する団体追い抜きの主要メンバーとして金メダルを狙うのが高木菜那(25)・美帆(23)姉妹。ともに過去1度ずつ五輪を経験しているが、最初に脚光を浴びたのは妹の美帆だ。10年のバンクーバー五輪に史上最年少の15歳で出場。その時現地で応援したことで姉の人生も変わった。「こういうところで戦いたい」と高卒後に強豪・日本電産サンキョーに入社。トップレベルの選手たちの競技姿勢に触れることで、前回のソチ五輪代表の座をつかんだ。皮肉なことに、そのソチでは美帆が落選。今回の平昌で、ようやく2人そろっての出場がかなった。

「最も身近なライバルであり、仲間でもある2人の存在が日本の最大の武器になりそう」(スポーツ紙記者)

 小平の活躍に影響を受けて練習嫌いを改めたと言われる美帆。小平とともに出場する1000メートル、1500メートルでは両者のワンツーフィニッシュが見られるかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)