芸能

広瀬すず、主演映画公開にかこつけ「anone」をなかったことに!?

 広瀬すずにとって十代ラストの主演ドラマは、もはや“黒歴史”となったのか。平均視聴率が6%台に落ち込む爆死ぶりで話題の「anone」(日本テレビ系)に、広瀬自身が見切りをつけたのではと噂されているようなのだ。

 その「anone」は2月21日の放送分が平昌五輪の生中継と重なったために休止。広瀬自身も2月19日に「今週anone放送お休みをお知らせします」というドラマ公式アカウントのツイートをリツイート(RT)していた。その広瀬のツイッターがこのところ、映画の話題で一色だというのだ。

「2月21日に、日本テレビでは、広瀬の主演映画『ちはやふる‐結び‐』の3月17日の公開を記念して、『ちはやふる‐上の句‐』を3月9日に、『ちはやふる‐下の句‐』を3月16日に地上波で初放送すると発表しました。このシリーズでは日本テレビが制作委員会の幹事を務めており、今のタイミングでテレビ放送するのは、ある意味で当然なのですが、気になるのはこの件を『anone』が放送休止になった当日に発表したこと。まるで『anone』の不振を覆い隠しているかのようです」(映画ライター)

 当の広瀬は2月14日の「anone」第6話放送以降、ドラマ公式アカウントのRTを除けば、「anone」について、つぶやいていない状況だ。それに対して「ちはやふる‐結び‐」に関してはガンガンツイートしており、櫻井翔とダブル主演する5月4日公開の映画「ラプラスの魔女」についてもツイート。さらに昨年公開の主演映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」のDVD発売についても14日にみずからアピールしていたのである。

「広瀬は今、『ちはやふる‐結び‐』をはじめとする自分の主演映画を何より話題にしたいのでしょう。『anone』に関してはネガティブな話題しかなく、日本テレビ側も番宣では坂元裕二氏の脚本を褒めるばかりで、『広瀬の演技に注目』とは言ってくれませんからね。それなら自分が全身全霊を込めて取り組み、前作もヒットした『ちはやふる』シリーズに気持ちが集中するのも当然でしょう。幸いだったのはこの映画にも日本テレビが関わっていること。局側としては『ちはやふる‐結び‐』をガンガン宣伝することが、ドラマ不振のお詫び代わりになるかもしれません」(前出・映画ライター)

 広瀬にとって「anone」において救いなのは、視聴率の不振を主演・広瀬のせいにする論調がほとんどないこと。この調子では彼女にとって18年1月期は、「ちはやふる‐結び‐」をひたすら宣伝した時期として記憶されるのかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ