ガン

政治

緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】

ロシアの残虐王プーチンが既にこの世にいないとする説は、その「証拠」が次々と明るみに出るにつれ、確信的なものとなっている。そこへ超弩級の情報が舞い込んできた。それはなんと、プーチンがコト切れた「現場」の詳細な状況と修羅場だった。(2024年6…

カテゴリー: 政治 | タグ: , |
政治

イギリス諜報機関がつかんでいた極秘情報「致命的な病と余命」/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】

その不自然な歩き方や特徴的な手の動きなどから、ロシアの独裁者プーチンには健康不安説がつきまとい、複数の重大な病を指摘する声があとを絶たなかった。そこに決定打として浮上したのがなんと、「末期ガン」だった――。(2024年6月2日配信)本連載の…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , |
芸能

「アサ芸ギャンブル部」〈見栄晴が「馬券人生37年」で学んだ「修羅場の馬券入門」〉(2)

─今年1月に、ガンを公表されました。その時のことを教えてください。「寝耳に水というか、発覚してから病院を選んだり、入院の手続きなど、とにかく忙しくて、バタバタでしたね。番組で発表した翌日の日曜は、以前から約束していた東京競馬場に行く用事があ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
政治

緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う④

本連載の第3回(6月2日公開)では、イギリスの諜報当局が「プーチンは末期の膵臓ガンに冒されている」との情報を秘かに入手し、その後、アメリカの諜報当局を含めた西側諜報筋が「独裁者の余命は半年程度」と判断していた、との衝撃情報の舞台裏を詳報した…

カテゴリー: 政治 | タグ: , |
政治

イギリス諜報機関がつかんでいた極秘情報「致命的な病と余命」/プーチン「死亡・影武者説」を追う③

本連載の第2回(6月1日公開)では、今年3月に異例の5選を果たしたロシアのプーチン大統領が、大統領選前の昨年10月に死亡しており、側近らが直ちに影武者を仕立ててロシア国民や西側諸国を欺き続けている、との仰天情報について詳報した。プーチンには…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , |
社会

糖尿病8000歩・ガン7000歩・認知症5000歩「重大病別の予防歩数」衝撃の調査結果

健康で長生きするには、1日にどれくらい歩けばいいのか。この問題をめぐっては、国内外で様々な調査や研究が行われてきたが、日本人を対象とした場合、最も信頼性の高いデータとされているのが、東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利博士が群馬県中之…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
芸能

「桜は見られない」絶望の余命宣告からアマゾン1位に…経済アナリスト・森永卓郎が見た天国と地獄

昨年12月27日にステージ4の膵臓ガン闘病を発表した経済アナリストの森永卓郎氏が、メディア出演を続けている。レギュラーを務める「垣花正あなたとハッピー!」(ニッポン放送)や「ミヤネ屋」(日本テレビ系)などだが、VTR出演した後者では、収録前…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
政治

「日本の政治はステージ4のガン細胞」百田尚樹の言葉に拒否反応を起こす人たち

作家の百田尚樹氏が代表を務める政治団体「日本保守党」の、Xへの投稿が物議を醸している。「日本の政治はガンのステージ4」とたとえているからだ。あまりの表現のどぎつさに、拒否反応が起きているようである。本の総合情報ウェブサイト「BookBang…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
芸能

川島なお美「好きなワインとシャンパンもやめて…」と語った17日後の衝撃ガン死/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

〈息を引き取るまで川島なお美は、やっぱり川島なお美のままでした〉これは川島なお美の夫であるパティシエ・鎧塚俊彦氏が、妻の最期をFacebookに綴った文章だ。彼女が胆管ガンのため、54歳という若さでこの世を去ったのは、2015年9月24日。…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

「お前もそろそろくたばるんだろ」立川談志ガン死直前…石原慎太郎との「最後の会話」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

自身が死去する10年以上も前から、「立川雲黒斎家元勝手居士」という戒名を自筆で書き記していた。そんな落語界の重鎮、立川談志が2011年11月にこの世を去ってから、もうすぐ12年。生前、筆者も談志の記者会見を何度か取材したことがあるが、やはり…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
エンタメ

超有名女性漫画家「夫が末期ガン」告白で問題提起した「誤診医師」の口コミ評価

「だめんず・うぉ~か~」などの作品で知られる漫画家・倉田真由美氏が、夫である映画プロデューサー・叶井俊太郎氏の末期ガンを告白した。10月11日に「私の夫はすい臓がんを患っています」と自身のXにポストした倉田氏。診断を受けたのは昨年で、複雑な…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , |
芸能

「入籍と子宮ガン発症」を同時報告した原千晶の苦悩と喜び/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

それはまさに、苦悩と喜びがないまぜになった記者会見だった。第21代クラリオンガールとしてデビューして脚光を浴び、1997年11月には「BORABORA原千晶+篠山紀信写真集」を発売。南太平洋に浮かぶボラボラ島で撮り下ろされた、初のヘア写真集…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

はんにゃ・川島章良「温泉旅館でプロポーズ直前にガン告知の電話」という激流人生/坂下ブーランの地獄耳芸能

次長課長の河本準一は、2回も急性膵炎で死線をさまよったことがある。一度目は2010年のことだ。当時の河本はほぼ毎晩、風呂1杯分ぐらいの酒を飲んでいたという。朝方にならないと家に帰らないため、幼い息子と2週間も会わないことはザラで、顔を合わせ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

まさかのChageが!?ASKAの「知人が末期がん」衝撃告白の匂わせな中身

歌手のASKAが「以前、一緒に仕事をしていた奴」「そいつとは、つまらなくもそれなりに大きな出来事があったので、お互いに距離を置いた」と表現する人物といえば、誰を想像するだろうか。おそらくほとんどの人がChageをイメージするはず。そんな描写…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |