高校生

スポーツ

元日本代表DF坪井慶介がプロサッカー選手への道をつかんだ「特殊なボランチ」って何?

日本代表として2006年のサッカーW杯ドイツ大会に出場し、浦和レッズで長く活躍した坪井慶介氏が、自身のサッカー人生を、前園真聖氏のYouTubeチャンネルで語った。坪井氏は小学3年生でサッカーを始め、地元の少年団でプレー。中学生になると東京…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力

人は見かけによらず、とはよく言われるが、日本サッカー界では元日本代表の前園真聖氏が、まさにそれにあたるのではないか。イケメンで紳士的なイメージが強い前園氏は、実は高校時代は「コワ~イ存在」だった。そう明かしたのは、後輩の遠藤彰弘氏だった。2…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」

青森山田高校を率いて何度も日本一を成し遂げた黒田剛監督は現在、JリーグのFC町田セルビアの指揮を執り、旋風を巻き起こしている。他にも国見高校の小嶺忠敏監督や、帝京高校の古沼貞雄監督、清水商業の大滝雅良監督など、高校サッカーでは多くの名将が手…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
社会

名古屋・日赤病院で男子高校生「誤診死」未熟な研修医とヤブ医者から命を守る「3つの鉄則」

起こるべくして起きた「誤診」だろう。日赤愛知医療センター名古屋第二病院(名古屋市昭和区)は6月17日になって、昨年5月の誤診で当時16歳の男子高校生を死なせたと発表、謝罪した。男子高校生は昨年5月28日、十二指腸の閉塞によって激しい嘔吐や腹…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

「高校授業料無償化」を批判する新聞業界が語らない「入試システムの闇」

2024年度から東京、大阪に在住する高校生が、公立私立を問わず「授業料無償化」。これについては東京新聞から産経新聞まで、新聞業界全体で「高校無償化は悪」と頭ごなしに決めつける報道が先行している感がある。高齢の新聞購読者を意識しているからなの…

カテゴリー: 社会 | タグ: , |
スポーツ

高校サッカーを「まったく意味不明」と斬り捨てる北澤豪の先進的サッカー観を生んだ「読売クラブ魂」

今季、16年ぶりにJ1復帰を果たした東京ヴェルディ1969。今では下位のチームになっているが、かつては強豪クラブだった。日本リーグ時代には、日産や三菱といった名門と異なり、海外のクラブのような先進的な考え方を持っていたのだ。それを読売クラブ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

城彰二「極貧高校生」からJリーガーへの大出世で直面した「税金トラブル」

プロ契約によって1日にして大金を得ることも多いプロスポーツ選手。急に富を手にすることで、身を持ち崩すことも少なくない。元日本代表の城彰二氏もプロになって税金トラブルに見舞われたことがあると、自身のYouTubeチャンネルで明らかにした。高校…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
事件

【殺人放火事件】実名公表の「特定少年」に死刑判決…モンスターから逃れる「通信制高校」という選択肢

通っていた高校の先輩に言い寄られ、告白を拒絶したら家も家族も奪われた…。もはや学校にも安心して通えない世相には、絶望するしかない。フラれた相手を「拷問」するため、夜中に自宅を襲撃。両親と本人、妹にナタなどで襲いかかった上に、被害者宅を放火全…

カテゴリー: 事件 | タグ: , |
スポーツ

城彰二が告白した「女子と下校で剃毛謝罪」高校時代の信じられない習慣

高校サッカー選手権のテレビ放送で解説を務めた元日本代表の城彰二氏が、自身のYouTubeチャンネルで今年の選手権の感想を語り、同時に城氏の高校時代を振り返った。城氏によると鹿児島実業高校の時は非常に「モテた」という。1年生にして試合に出場す…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

【春高バレー】女子・下北沢成徳2年生エースでイメージが変わる?留学生選手が席巻しないワケ

春高バレー(全日本バレーボール高等学校選手権大会)が1月4日から開幕する。今年は男女各52校が出場。男子では昨年優勝した駿台学園(東京)が23年のインターハイを制しており、優勝の筆頭候補。女子もやはり昨年優勝している古川学園(宮城)の連覇が…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , |
スポーツ

「第100回記念大会」箱根駅伝で新興大学が上位進出する「巨額マネーのカラクリ」

2024年1月2日から3日にかけて開催される「箱根駅伝」は、第100回の節目。平年より3校増えて、23校が出場する記念大会となる。毎年激戦が繰り広げられる舞台は、東京・大手町から神奈川・箱根の芦ノ湖までの往復10区間。217.1キロをつなぐ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
スポーツ

泣き崩れる女子選手も…高校駅伝を激変させた「外国人留学生」のルール変更は「吉」か

12月24日に京都で開かれた高校駅伝、女子の部で劇的な逆転勝利をした神村学園の3年生アンカー、カリバ・カロライン選手(ケニア国籍)の快走は圧巻だった。それでも書く。後味の悪いレースだったと。タスキを繋いできた仙台育英のアンカーは、カリバ選手…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , |
政治

「高校無償化」に喜んでいる場合か! 岸田増税クソメガネの開き直り「1300万円大増税」仰天計画

放送中のNHK朝ドラ「ブギウギ」の劇中では、日本軍が米軍に勝っているという「大本営発表」に、日本人が舞い上がっている。だが第二次世界大戦の結末を知っている我々も、笑っている場合ではない。戦後80年以上経っても、小池百合子都知事と自民党、公明…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
エンタメ

藤井聡太八冠の難敵になる最年少高校生棋士・藤本渚四段の末恐ろしい「勝ち気」ぶり

将棋の藤井聡太八冠に強力なライバルが登場した。18歳の最年少棋士・藤本渚四段が12月4日、大阪・関西将棋会館で行われた「第65期王位戦」の予選で井田明宏四段と対局し、93手で勝利した。藤本四段はこれで今年度の成績を31勝6敗とし、1位の藤井…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , |