スポーツ

【春高バレー】女子・下北沢成徳2年生エースでイメージが変わる?留学生選手が席巻しないワケ

 春高バレー(全日本バレーボール高等学校選手権大会)が1月4日から開幕する。今年は男女各52校が出場。男子では昨年優勝した駿台学園(東京)が23年のインターハイを制しており、優勝の筆頭候補。女子もやはり昨年優勝している古川学園(宮城)の連覇が注目されている。

 その古川学園の強力なライバルとなりそうなのが、23年インターハイ、秋の国体で全国優勝し、「高校三冠」を目指す下北沢成徳(東京)だろう。

 下北沢成徳は、高校1年の終わりからチームの主力として活躍しているミャンマーからの留学生でエースのイェーモン・ミャ選手(2年)の活躍が期待されている。

 古川学園は前回大会でノーシードから共栄学園、下北沢成徳ら強豪との対決を勝ち上がり、決勝ではチーム最多36得点を決めたドミニカ共和国出身の身長195センチの大型選手、タピア・アロンドラ(当時3年)が大活躍。こちらも留学生だった。

 高校バレー界でも海外からの留学生が席巻しているのだろうか。スポーツライターが語る。

「バスケットボールやラグビー、陸上などに比べると、高校バレーの外国人は決して多くはありません。バレーで高身長の選手はブロックでは優位に立てますが、まだ高校生だけに足元を徹底的に狙われると対応できないからです。そのため、まだまだ留学生頼みのプレースタイルは浸透していませんね。ただ、下北沢成徳のイェーモン・ミャ選手の場合は身長175センチと特別他の選手に比べ高いわけではありませんが、高さとパワーのあるスパイクは強烈で、どこからでも決められる。彼女が留学生選手のイメージを変えるかもしれません」

 いずれにせよ古川学園と下北沢成徳が決勝で当たるとなれば大盛り上がりするだろう。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
2
【こりゃ何だ!?】空から羊・熊・鹿の肉が大量に降ってきた!「ファフロツキーズ現象」の研究結果
3
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
4
新庄剛志監督から「仰天指令」が出る!オールスター出場に怯える日本ハムナインのボヤキ
5
新庄剛志と日本ハムが去って「札幌ドーム」は火の車に!3時間で赤字が1億円超も増える「悪夢」