スポーツ

高校サッカーを「まったく意味不明」と斬り捨てる北澤豪の先進的サッカー観を生んだ「読売クラブ魂」

 今季、16年ぶりにJ1復帰を果たした東京ヴェルディ1969。今では下位のチームになっているが、かつては強豪クラブだった。日本リーグ時代には、日産や三菱といった名門と異なり、海外のクラブのような先進的な考え方を持っていたのだ。それを読売クラブ出身で元日本代表の北澤豪氏が証言した。

 鈴木啓太氏のYouTubeチャンネルに出演した北澤氏は、自身のサッカー人生を振り返った。サッカーを始めたのは、小学校1年生の夏。父親が野球好きで、幼稚園の頃から野球を教えてもらっていたという北澤氏は、ある日突然、その父親からサッカーをやるように言われたという。父親が方向転換した理由を北澤氏は、

「野球とサッカーのチームがあった東京の町田市にいたことが、大きな理由だと思う」

 と分析。そしてサッカーをする日々が始まったが、当時の記憶がほとんどないのは、楽しくなかったからだという。それでも上手くなるためにどうすればいいのか考え始めた小学4年生ぐらいから、楽しくなった。この時、父親の意外な一面を見たそうで、

「一緒にサッカーの練習しても、やったことがないから下手なわけ。その頃、親父の会社のカバンからサッカーの本が出てきた。『勉強してるんだ』と思った。文句は言いながらも勉強してんだと思って、自分から進んで練習に行く動機づけになったのかもしれない」

 努力が実り、中学生からは読売クラブに所属。そこで「読売魂」に触れる。

「プロの選手が間近にいるので、影響を受けた。トップチームの選手は、集まった時はチーム練習しかしない。それ以外は勝手に練習場に来て、個人でトレーニングしなさいって感じ。自主トレの意味が明確にわかる。自主性というか、自立しますよね。中学生の時、大阪で大会があると現地集合。来ないやつがたまにいるからね(笑)」

 中学卒業後は読売クラブではなく、修徳高校に進学。理由は、

「また親父が出てくるんだけど、クラブチームのサッカー嫌いなんだよ。斜めに構えるというか、遊び心の多いサッカーは好きじゃなくて、『頑張るぞ!』みたいな方が好きで、高校に行けと」

 だが、読売クラブとは真逆の高校サッカーが合わなかった、という北澤氏。朝練はボール拾いと声出ししかやらないため、行かなかったこともあった。

「負けたら坊主にしなきゃいけないとか走らされるとか、納得できない。トレーニングで走ることはいいんだけど、理不尽な走りをしても意味がないと思ってて、『上手くなるならする』と監督に思い切って言いに行ったら、ボコボコにされた。上手くもならないのに、それをやって何が変わるのか。それが読売サッカークラブで培われたものだから、高校サッカーはまったく意味不明」

 その修徳高校では、2年生の時に全国高校サッカー選手権に出場した。だが、北澤氏は選手権に出たいとは思っていなかったそうで、それにも読売の考え方が影響していたのだと。

「選手権よりもその先、当時であれば日本リーグがあって海外に行きたいっていう思いがあった。読売サッカークラブの影響力が大きい。プロ思考というか、発想がね」

 北澤氏のサッカー人生に大きな影響を与えた読売魂。それが東京ヴェルディ1969に戻ってくれば、再び強豪チームに返り咲くのも夢ではない。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
2
【こりゃ何だ!?】空から羊・熊・鹿の肉が大量に降ってきた!「ファフロツキーズ現象」の研究結果
3
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
4
新庄剛志監督から「仰天指令」が出る!オールスター出場に怯える日本ハムナインのボヤキ
5
新庄剛志と日本ハムが去って「札幌ドーム」は火の車に!3時間で赤字が1億円超も増える「悪夢」