芸能

「絶対に許さない!」映画ファンを激怒させ続けるEXILEメンバーたち

20150514exile

 6月20日から全国の劇場で海外映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が公開される。その映画に登場する主人公マックス役の吹き替え声優を務めるのがEXILEのパフォーマー AKIRAである。しかしこの起用に、ネットでは「雰囲気だけで吹き替え素人を選ぶな!」「映画が台無し。絶対に許さない!」などと怒りの声が相次いでいる。

「EXILEは以前も、ウィル・スミス主演の『ハンコック』で、重要人物の吹き替えをダンサー・眞木大輔が担当した際、ありえないほどの棒読みを披露し炎上したことがあります。一部からは字幕で観ろとの意見もありますが、最近は吹き替えに特化した映画DVDが売り上げを伸ばすなど、一定の需要があるのも事実。そのため一時的に劇場の観客を伸ばせても、DVDを購入するような熱心な映画ファンからは敬遠されるおそれもあるでしょう」(映画誌記者)

 過去の映画の吹き替え問題といえば、人気海外アニメ「シンプソンズ」での騒動が記憶に新しい。「シンプソンズ」は映画化にあたり、テレビアニメシリーズで吹き替えを担当していたプロ声優を切り捨て、タレントやお笑い芸人への起用に踏み切った。そのことでファンや著名人は猛反発し、署名運動にまで発展。結果、DVDには劇場公開版とシリーズの声優によるオリジナル版の2つのバージョンが収録されることになった。

「PRの手段として、とりあえず吹き替えに芸能人を使っておけば、ワイドショーがこぞって宣伝してくれます。そのため今後も芸能人声優の流れをなくすことは難しいでしょう。ただ、これで苦労するのは起用された芸能人側ですね。以前、『タイム』という映画で吹き替えを務めた篠田麻里子はTSUTAYA店員からポップで『吹き替えが最悪』と猛批判され話題になりました。今回のAKIRAも、映画ファンから目の敵にされる可能性がある」(前出・映画雑誌記者)

 とはいえ、ジブリやディズニー映画で吹き替えを担当する芸能人は、世界観を壊さない演技を見せるため反発は少ない。しかしその一方で、映画会社の都合により犠牲となる芸能人も後を絶たないようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」
2
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由
3
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(2)「得体が知れない」との声も
4
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”
5
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?