芸能

「絶対に許さない!」映画ファンを激怒させ続けるEXILEメンバーたち

20150514exile

 6月20日から全国の劇場で海外映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が公開される。その映画に登場する主人公マックス役の吹き替え声優を務めるのがEXILEのパフォーマー AKIRAである。しかしこの起用に、ネットでは「雰囲気だけで吹き替え素人を選ぶな!」「映画が台無し。絶対に許さない!」などと怒りの声が相次いでいる。

「EXILEは以前も、ウィル・スミス主演の『ハンコック』で、重要人物の吹き替えをダンサー・眞木大輔が担当した際、ありえないほどの棒読みを披露し炎上したことがあります。一部からは字幕で観ろとの意見もありますが、最近は吹き替えに特化した映画DVDが売り上げを伸ばすなど、一定の需要があるのも事実。そのため一時的に劇場の観客を伸ばせても、DVDを購入するような熱心な映画ファンからは敬遠されるおそれもあるでしょう」(映画誌記者)

 過去の映画の吹き替え問題といえば、人気海外アニメ「シンプソンズ」での騒動が記憶に新しい。「シンプソンズ」は映画化にあたり、テレビアニメシリーズで吹き替えを担当していたプロ声優を切り捨て、タレントやお笑い芸人への起用に踏み切った。そのことでファンや著名人は猛反発し、署名運動にまで発展。結果、DVDには劇場公開版とシリーズの声優によるオリジナル版の2つのバージョンが収録されることになった。

「PRの手段として、とりあえず吹き替えに芸能人を使っておけば、ワイドショーがこぞって宣伝してくれます。そのため今後も芸能人声優の流れをなくすことは難しいでしょう。ただ、これで苦労するのは起用された芸能人側ですね。以前、『タイム』という映画で吹き替えを務めた篠田麻里子はTSUTAYA店員からポップで『吹き替えが最悪』と猛批判され話題になりました。今回のAKIRAも、映画ファンから目の敵にされる可能性がある」(前出・映画雑誌記者)

 とはいえ、ジブリやディズニー映画で吹き替えを担当する芸能人は、世界観を壊さない演技を見せるため反発は少ない。しかしその一方で、映画会社の都合により犠牲となる芸能人も後を絶たないようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
視聴率爆下げの原因?松本潤「99.9」公式ツイッターの発言に視聴者から批判殺到
2
テレビ復帰は無理!楽しんご、乱暴された被害者女性を口撃してフルボッコに
3
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(1)検査をしようとしたところ…
4
田中みな実が圧勝!前田敦子が自分のインスタグラムで公開処刑される
5
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?