芸能

大絶賛から奈落の底へ…新相棒・反町隆史が最も恐れる水谷豊の「評価一変」

20150807mizutani

 ファン待望の新シリーズ「相棒season14」(テレビ朝日系)が、いよいよ10月から放送されることとなった。注目を集めていた相棒「4代目」に決定したのは、俳優の反町隆史。主演の水谷豊とは、今作が初共演となる。

 この相棒決定には水谷の強い意向が反映されたようで、「いつか一緒に仕事をしたい役者の中に、いつも反町さんがいました。出会うべくして出会った相棒」とコメントしている。

 だが、4代目決定に至るまで「選考は難航し迷走した」と芸能記者はその経緯を話す。

「『相棒』は、シーズン5から平均視聴率が15%を下ったことのない超人気ドラマです。それだけに4代目の打診があっても躊躇した俳優もいたでしょう。数字が落ちたら、それこそ“やり玉”に挙げられますからね」

 では、なぜ反町に決まったのだろうか?

「反町は連ドラも単発でもコンスタントに主演していますが、このところ大きな話題になった作品はありません。しかし、あの水谷からのラブコールとなれば、話題性は抜群。俳優としての評価も上がると見込んだのではないでしょうか」(前出・芸能記者)

 しかし、水谷の“クランクイン前”の相棒役の大絶賛はいつものことで、その後毎回、評価が一変し、奈落の底へと突き落とすから、俳優としては「油断ならない」という。

「結局現場でうまくいかなければ、水谷の意向で殉職でも何でもストーリーを作って“消す”ことができる。水谷の甘い言葉を反町は真に受けないことですね。3代目の成宮のことも『今までの相棒の中で一番演じやすい』と言っていたにもかかわらず、最終的には犯人として逮捕された。もし反町が水谷の意に反する自己主張をするようにでもなれば、1クールで終わることだってありえます」(テレビ関係者)

 反町にしてみれば、上手くハマれば今後の役者人生を大きく変えるターニングポイントになり得るが‥‥はたしてどちらに転ぶか、二人の今後の言動の変化にも注目していきたい。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”
2
視聴率爆下げの原因?松本潤「99.9」公式ツイッターの発言に視聴者から批判殺到
3
田中みな実が圧勝!前田敦子が自分のインスタグラムで公開処刑される
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
まるで岡本夏生…真木よう子が超絶劣化も胸は健在で男性ファンは「ならば良し」