芸能

綾瀬はるか NHK新ドラマ「精霊の守り人」殺陣シーンで自慢のボディが…

20160317e

 NHKの新ドラマで主演を務める綾瀬はるか(30)だが、この春も色香封印路線は変わらない。しかし、カメラの回らない舞台裏では、大きな胸を揺らす綾瀬の姿に共演者が振り回されていた!

 綾瀬が主演を務めるのは3月16日から放映されるSF作家・上橋菜穂子氏原作のドラマ「精霊の守り人」。

「NHK放送90年 大河ファンタジー」と銘打たれ、17年1月、18年1月と3年越しで全22話が放映される大型企画だ。ある芸能記者はこう言って肩を落とす。

「事務所では今後の綾瀬を、次世代の吉永小百合に育てる方針です。当然、お色気はしばらく封印。このドラマで色っぽいシーンはないようです」

 本作で綾瀬が演じるのは、「短槍使いの女用心棒」という勇ましい役どころ。全編にわたって激しいアクションシーンがある。あるNHKスタッフがこう明かす。

「短い槍を使ったり、素手での格闘など激しい動きが多いドラマです。しかし綾瀬さんは運動が苦手で、反応が鈍いそう。なかなか殺陣(たて)が覚えられないそうです」

 無名の斬られ役が何人も登場する大がかりな殺陣が予定されている。しかし、綾瀬と呼吸を合わせるのに苦労をしていたという。当初は打ち身などが絶えなかったが、何より綾瀬を悩ませたのが筋肉痛。その大きな理由になっているのが、綾瀬の巨大な「お尻」と「おっぱい」だった。

「この撮影で、綾瀬さんはキツめのブラをつけているそうです。それでもあの胸ですから‥‥足を上げて回し蹴りをしたり、相手の攻撃を避けたりするたびに、締めつけられているはずの胸が嫌でも上下左右に揺れてしまうんです」(前出・NHKスタッフ)

 揺れるおっぱいの反動に筋肉が悲鳴を上げ、湿布の臭いが周囲に漂う毎日を送った綾瀬。そしてまた、突き出た胸とお尻は、まさに“おもり”となって綾瀬の体力を奪い続けた。シーンが終わると、ゼエゼエと、よつんばいになって息を切らすほどだった。現場から帰る時には、ヨタヨタしながら車に向かうほど疲労していた綾瀬だが、

「も~、心も体も折れそ~~」

 と、心配するスタッフに、気丈にも笑顔で答えていたという。胸はブラで揺れ対策を講じていた綾瀬だが、

「体を締めつけるような下着は嫌いなんです」

 と周囲にこぼし、下半身は締めつけないようにしていたようだ。

「リハーサルは、ダボッとしたジャージの上下で殺陣師の指導の下、アクションをこなしていました。ジャージの乱れに気がつかないほど必死で、周囲にいたスタッフがハミ出すんじゃないかというほどの迫力。あるシーンでは、少しずつジャージが下がって、ブルーのパンティがはみ出していたのにも気づかず、演技を続けていました」(前出・NHKスタッフ)

 お色気を封印した綾瀬。だが、舞台裏のエロ姿に、現場のスタッフたちの視線は釘づけになったのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 57616
    ストロングすぎる!?雨上がり決死隊・蛍原のおかっぱ頭に史上初の異変が!

    4月27日、「スカルプD 薬用スカルプシャンプー ストロングオイリー」の記者発表会が開催され、CMでお馴染みの「雨上がり決死隊」の2人が

  2. 62097
    この3つがNG習慣!急速に増加中、目のピントが崩壊する「スマホ老眼」とは?

    近頃、ふとした瞬間に「あれ?目のピントがおかしいぞ…」。そんな感覚を持った人はいないだろうか?もしも、答えが「YES」で、さらにあなたが

  3. 58844
    夫の昔と今のギャップで離婚を考える妻も!小林製薬が発表した驚愕の調査結果

    インパクトのある商品名を付けることでお馴染みの小林製薬が「ナイシトール」発売10周年を記念して、「夫の昔と今のギャップに関する調査」を実

注目キーワード

人気記事

1
小林麻央 海老蔵も許可?「VIP闘病」に古巣の日本テレビ「NEWS ZERO」が独占密着
2
中川翔子の開脚写真にネット民が「こんなに開いちゃうなんて…」と大興奮!
3
「27時間テレビ」に「めちゃイケ」メンバーが出ないのは昨年の“懲罰”!?
4
TBS安住アナが宮根誠司&羽鳥慎一をディスって古舘伊知郎を持ち上げた深意
5
高島礼子 ヒモ夫・高知東生逮捕で「17年越しの余罪」疑惑が再燃!