芸能

「精霊の守り人」が壮絶爆死!綾瀬はるかより真木“棒”子に辛辣意見が続出

 3月25日に放送された綾瀬はるか主演のNHK大河ファンタジードラマ「精霊の守り人 悲しき破壊神」最終回の視聴率が、6%だったことがわかった。この記録は、全放送の中で最低の数字だという。

「昨年4月に放送された初回放送は、11.7%という2ケタスタートだったものの、以降は1ケタ台に下降。今年から開始された2部でも、初回の8.2%から数字を下げ続け、最終回では自己最低の6%となってしまいました。また同ドラマは第3部が11月からスタートするため、今後さらに数字を下げる可能性があります」(テレビ誌記者)

 そんななか、視聴者の間では主演の綾瀬よりも、脇役・真木よう子への辛辣な意見が飛び交っていた。特にSNSなどでは「真木よう子の演技の違和感が最後まで拭えなかった」「本当の破壊神は真木“棒”子」「ビジュアルはいいのに、滑舌やイントネーションが悪くて残念」といった、真木の演技に対する不評の声が殺到。

 だが記者によると、真木は演技よりも別の部分で起用された可能性があるという。

「『精霊の守り人』では、アクションシーンが多く描かれるため、役者には高い身体能力が求められます。そして真木は過去、岡田准一主演のドラマ『SP』(フジテレビ系)などで、激しいアクションを演じた実績もあり、起用に繋がったのでしょう。また今回の大河で彼女は、時に感情を抑えたクールな役を演じていましたから、より一層、棒読み感が出てしまったと思われます」(前出・テレビ誌記者)

 とはいえ、アクションシーンでチラリと見える太ももやビジュアルには、絶賛の声が集まっていた真木。今回のドラマでは、ある意味、主演の綾瀬以上に注目を浴びる存在だったようだ。

関連記事:真木よう子が「ことごとく棒読み!」とゲームファンから大ブーイング http://www.asagei.com/excerpt/74840

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
4
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃