芸能

「精霊の守り人」が壮絶爆死!綾瀬はるかより真木“棒”子に辛辣意見が続出

 3月25日に放送された綾瀬はるか主演のNHK大河ファンタジードラマ「精霊の守り人 悲しき破壊神」最終回の視聴率が、6%だったことがわかった。この記録は、全放送の中で最低の数字だという。

「昨年4月に放送された初回放送は、11.7%という2ケタスタートだったものの、以降は1ケタ台に下降。今年から開始された2部でも、初回の8.2%から数字を下げ続け、最終回では自己最低の6%となってしまいました。また同ドラマは第3部が11月からスタートするため、今後さらに数字を下げる可能性があります」(テレビ誌記者)

 そんななか、視聴者の間では主演の綾瀬よりも、脇役・真木よう子への辛辣な意見が飛び交っていた。特にSNSなどでは「真木よう子の演技の違和感が最後まで拭えなかった」「本当の破壊神は真木“棒”子」「ビジュアルはいいのに、滑舌やイントネーションが悪くて残念」といった、真木の演技に対する不評の声が殺到。

 だが記者によると、真木は演技よりも別の部分で起用された可能性があるという。

「『精霊の守り人』では、アクションシーンが多く描かれるため、役者には高い身体能力が求められます。そして真木は過去、岡田准一主演のドラマ『SP』(フジテレビ系)などで、激しいアクションを演じた実績もあり、起用に繋がったのでしょう。また今回の大河で彼女は、時に感情を抑えたクールな役を演じていましたから、より一層、棒読み感が出てしまったと思われます」(前出・テレビ誌記者)

 とはいえ、アクションシーンでチラリと見える太ももやビジュアルには、絶賛の声が集まっていた真木。今回のドラマでは、ある意味、主演の綾瀬以上に注目を浴びる存在だったようだ。

関連記事:真木よう子が「ことごとく棒読み!」とゲームファンから大ブーイング http://www.asagei.com/excerpt/74840

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
2
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
3
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?