芸能

綾瀬はるか NHKドラマ「精霊の守り人」撮影の合間に見せた疲労困憊な艶姿

20160505_12b

 所属事務所の方針で、しばらく“艶技”を封印していた綾瀬はるか(31)だが、カメラの回らない場所では変わらぬ天然な色香を振りまいていた。吐息交じりで大きな胸を揺らす艶姿を独占キャッチ!

 3年にわたって断続的に放映される「精霊の守り人」(NHK)の主演を務めている綾瀬。4月9日にシーズン1が終わった。4回の平均視聴率は7.9%と振るわなかったものの、来年1月に放映開始予定のシーズン2の撮影がすでに始まっていた。

 V字回復を果たす秘密兵器として、あの壇蜜(35)がキャスティングされているのだが、NHK関係者が明かす。

「衣装合わせの時に、壇蜜さん用に用意されたのは、白、赤、黒3色の毒々しい衣装でした。アクションシーンになると太腿がチラ見えするようにデザインされています。壇蜜さんの演技力には疑問符が付きますが、白いナマ脚は十分に堪能できるでしょう」

 本作で主役の綾瀬は、短槍使いの用心棒を演じる。毎回アクションシーンがあるものの、お色気担当は壇蜜に預けた形だ。殺陣のパターンが多くあり、綾瀬は、

「もう心が折れそう」

 と漏らすほど、日々の撮影で激しく体を動かしているという。

 ところがこの“重労働”によって、綾瀬は予定外のエロスを提供してくれたというのだ。

「リハーサルの時のことです。あまりの運動量に体がほてり、終始暖房を切っていました。それでも綾瀬さんは汗まみれで、化粧が剥げ落ちていました」(前出・NHK関係者)

 綾瀬担当のスタッフは、ペットボトルを常に用意して待機。ジャージ姿で本番に備えアクションの練習をする綾瀬だったが、合間に椅子に座っても汗は引かず、思わず上着を脱ぐこともあった。

「綾瀬さんはバストが大きすぎて、サイズの合うカップ付きのキャミソールがないそうです。そこで、ブラジャーの上にキャミソールを着ているのですが、ブラがくっきり浮き上がっていたのです」(前出・NHK関係者)

 その場にいた男性スタッフは目のやり場に困り、綾瀬に近づかないようにしていた。しかし、呼吸するたびにプルプルと揺れる白く柔らかそうな巨乳に、視線は釘づけになったという。それでも当の綾瀬は、気にする様子もなく、

「ふーっアツいわね、びしょ濡れだわ」

 と吐息を漏らしながら、手で自分の胸元をあおいでいたというのだ。女性スタッフが気を利かせ、

「何やってるんですか?」

 と、半裸状態を指摘しても綾瀬は、

「へ!?」

 と返し、大物ぶりを発揮した。表舞台で封印しても、綾瀬の天然エロスは止まらないようである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…