芸能

武井咲、「黒革の手帖」史上最年少ヒロイン抜擢で求められる「大人の恋愛」!

 7月20日の放送開始を前に、10日、主演する武井咲が連続ドラマ「黒革の手帖」(テレビ朝日系)の制作発表に姿を現した。

「白い着物姿で現れた武井は『腹をくくって取り組んでいます』と語り、初めて取り組む悪女役に気合も十分。23歳と史上最年少のヒロインとはいえ、その色っぽさに共演者の高嶋政伸は、カクテルを振る舞われると『僕なら(一杯)50万円払うな』と言って笑わせていました。ママぶりもだいぶ板についてきたようです。事務所の先輩でもある米倉涼子の出世作で、ブレイクするきっかけとなった作品だけに、武井もターニングポイントになるような作品にしたいと意気込みを語っています」(スポーツ紙記者)

 実際に米倉は、「黒革の手帖」「けものみち」「わるいやつら」(いずれもテレ朝系)といった松本清張シリーズで悪役を演じた後、「ナサケの女~国税局査察官~」(テレ朝系)、そして代表作とも言える「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレ朝系)でクールなカッコイイ役を演じる”視聴率の女王”へと成長している。武井としても、この作品で何としても成功を収めたいところだが…。

「米倉は、かつて歌舞伎役者の市川海老蔵や中村勘三郎との色恋沙汰が週刊誌を賑わせました。スキャンダルを糧にして妖しい艶っぽさを身に付けていくことも、女優としてやはり避けては通れません。そういった意味で武井にはまだ早すぎるという声もあります」(番組関係者)

 武井も過去に、佐藤健や大倉忠義(関ジャニ∞)、松坂桃李と噂になったことがあるものの“大人の恋”と呼ぶには、若すぎるというわけか。

「所属事務所には10代でデビューしたタレントは、『25歳まで恋愛禁止』というルールがあると言われています。役作りのためとはいえ、その規則を破るのは本人も度胸がいるのでは…」(スポーツ紙記者)

 ともあれ、「黒革の手帖」最年少ヒロインには、妖艶さを磨いていってほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコ、「私服姿公開⇒即削除」事件で囁かれる「芸能界引退」!
2
メダルラッシュでも隠せない「平昌五輪“裏”ダイジェスト」(1)羽生結弦をめぐる狂騒曲
3
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由
4
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(2)「得体が知れない」との声も
5
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”