芸能

島田紳助「芸能界闇支配」野望をスッパ抜く(2)ユーチューブ登場は確信犯

 関西在住のベテランプロデューサーが耳打ちする。

「11年の引退宣言から完全にテレビ界から足を洗いハワイや宮古島などで雲隠れ生活をしていた紳助ですが、この数年は時折、チラチラと姿を見せるようになった。一昨年のM-1でとろサーモン久保田が審査員の上沼恵美子を罵倒する動画を公開したあと、さらには昨年6月に宮迫の闇営業問題が発覚した際など後輩吉本芸人の不祥事があると、表にこそ出ることはなかったが、陰ながら御意見番としてコメントを出し、常にその存在感を増していきました。また、昨年夏には『行列──』に飛び入り参加するという怪情報までが飛び交い、ネット上が騒然としたこともある。すでに前線復帰はカウントダウンに入っているとみるべきです」

 この騒動をテレビ業界はどう見つめていたのか。民放バラエティー番組プロデューサーが打ち明ける。

「今回の件は吉本興業から何も聞いておらずテレビ局はまったく寝耳に水とのことでした。動画では離婚したばかりのフジモンを応援していましたが、番組出演が縁で結婚した元ヨメの木下優樹菜を救いたい気持ちも持っているはず。とはいえ、全ては完全に紳助さんが個人的な判断でやったことだと思いますが‥‥」

 その一方で、紳助復帰については口を濁す。

「確かにトークの切れ味は現役時代とまったく変わらないまま。今すぐにでも番組を切り盛りできるのは間違いありません。そもそも吉本興業・大崎洋会長は紳助擁護派、いつでも戻ってきてほしいと常々発言している。また、後輩芸人たちは今でも宮古島や大阪まで紳助さんに会いに行くほど。ですが、大河ドラマでの連続降板騒動ではないが、今のテレビ界では、クスリと反社は即アウトです。ヤクザと交遊していた紳助さんが地上波復帰のお目通しが来る日はまずないと言っていいでしょう」(バラエティー番組プロデューサー)

 その地上波テレビに関し、紳助は動画の中でこう語っている。

「現役時代から地上波は見ぃひんのや。自分が出とっても。くりぃむの上田とかオモロいな~思ったら勝手にパクッてまうおそれがある。習慣で今も見ぃひん。CS番組はオモロいで~、釣り番組。最後まで釣れんで終わるんやで。地上波ならウソでもヤラセでも54分くらいに釣りよるやろ」

 もはや、地上波への未練などとっくに断ち切った様子に見えるが、

「実は紳助さんが芸能界引退の禁を破り、動画配信に登場したのは、ユーチューブという新しいメディアに新規参入するためなのです。その前触れとしてまずは旧知のmisonoのチャンネルで今の自分のニュースバリュー、話題性、人気などがどの程度なのか様子をうかがうためのアドバルーンを上げたわけです」(バラエティー番組プロデューサー)

 目指すは地上波ではなくインターネット。その真意とは‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性