芸能

広瀬アリス&大倉忠義、熱愛でもジャニーズが「容認」姿勢のワケ

 いまがまさに旬の女優と言えば、広瀬アリスだ。芸能デスクも手放しで評価する。

「今年に入り5本のCMが解禁されたほか、4月期は『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)、『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』(日本テレビ系)と2本のドラマに出演する人気ぶり。しかも、単なる脇役ではなく主演クラスが同時期に掛け持ち出演することは、異例の扱いです」

 勝ち馬に乗り、人気者に乗じて生き残るのが定石の芸能界のなか、まさにその頂点に達していると言っても過言ではない活躍ぶりなのだ。

「業界内では、あまりの売れっ子ぶりに“今や妹のすずを完全に超えた”とも言われています。4年前の『探偵が早すぎる』第一作目に出演したときには、すずのバーターで深夜ドラマにキャスティングされたと指摘されたほど。その転機となったのは、NHKの連続テレビ小説『わろてんか』で演じたやさぐれキャラでした。以降、マジギレ役が同世代の女性からの支持を得て、活躍の場を急激に増やしたわけです」(前出・芸能デスク)

 その最たる例が、20年秋に放送された「知ってるワイフ」(フジテレビ系)でのモンスター妻役だった。

「このドラマでの共演をきっかけに、関ジャニ∞の大倉忠義と交際に発展。ジャニーズ事務所はこれを肯定も否定もせず、事実上の容認状態にあります。これまでのジャニーズであれば、タレントの商品価値が下がるため完全否定するのが当たり前だったんですけどね」(前出・芸能デスク)

 アイドルに恋愛スキャンダルは命取りのはずだが、ジャニーズ担当記者はこう解説する。

「誰もが知っている通り、大倉は居酒屋チェーン『鳥貴族』の創業者一家の長男です。そのため大倉本人、芸能事務所に所属することに固執していないとも言われ、一方のジャニーズは彼を怒らせて辞められては困る。8人いた関ジャニメンバーもいまや5人となり、これ以上欠けることはなんとしても避けたいようですからね」

 そんな事情もアリスは十分にわかっているのか? であれば、末は社長夫人女優かも…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道