エンタメ

戦国武将・織田信長の絶倫の源は玉ねぎだった!?

 全国統一を夢見、疾風怒濤、戦国時代を駆け抜けた織田信長は絶倫だった。その源は彼の意外な“食”にもあった。

 天正10年(1582年)家臣・明智光秀の謀反にあい、京都本能寺で自害(享年49)したとされる戦国武将・織田信長の“人生50年”は絶倫生涯でもあった。

 濃姫をはじめとする10指に余る妻・側室を持ち、22人の子供をもうけたうえ、森蘭丸に代表されるように小姓との男色も好んだとも言われているがそうした力を支えていたのが、彼の食事だったというのだ。“三河の田舎者”と自ら語っていた彼の食事は塩分の多い“粗食”だったと伝わっているが、好奇心が強く新しいものを好んだようだ。そのひとつが玉ねぎ。

 内科医で医食研究科でもある重松彰氏が言う。

「玉ねぎが我が国に入ってきたのは1770年に南蛮船が長崎にやってきた時のことと言われていますが、実はイエズス会の宣教師のポルトガル人ルイス・フロイスが完成間もない安土城で信長と対面した時に金平糖などと共に献上されたとも言われています」

 信長はさっそくみじんに切った玉ねぎをご飯にかけ湯づけでかっこんだと言われている。

 栄養学に詳しい理学博士の秋好憲一氏が言う。

「玉ねぎのスタミナ食としての歴史は古く、ピラミッド建設をする労働者達が玉ねぎを食べていたというエピソードもあるくらいです。玉ねぎ、特に外皮には、ポリフェノールの一種のケルセチンをはじめとする多くのミネラルが含まれており疲労回復、精力増強には最適です」

 朝食にご飯の上にみじんに切った玉ねぎ4分の1を乗せ卵黄を落とし醤油をかけてかき混ぜて食べると効果絶大だとも言う。食欲のない時に最適なうえ、コレステロール値を下げ血栓の予防にもなる優れものでもあるというから、信長の快進撃を下支えする「陰の推進力」となったと言えるのである──。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?