芸能

レッツゴーよしまさ「志村さんが亡くなりモノマネを始めた」/テリー伊藤対談(1)

●ゲスト:レッツゴーよしまさ(れっつごー・よしまさ) 1989年、埼玉県生まれ。高校時代からモノマネの営業を始める。主なレパートリーは志村けん、ザ・ドリフターズのメンバー、70年代・80年代の昭和歌謡、最近の演歌など。2022年9月より「太田プロダクション」に所属。現在もサラリーマンとの二足の草鞋で活動中。今年放送された「ものまねのプロ216人がガチで選んだ いま本当にスゴい! ものまねランキング2023」(テレビ東京)で第1位に輝く。YouTubeチャンネル「レッツゴーよしまさ」で多数のモノマネ動画を配信中。

 素の志村けんのモノマネでブレイク中の芸人・レッツゴーよしまさ。あまりのソックリぶりに「涙が出た」「感動した」の声も多い。しかし、そんな反応に本人は戸惑い気味。モノマネで女性を口説くテクニックから壮大な野望まで、天才テリーが丸裸にする!

テリー いいじゃない、それ。志村けんさんだよね?

よしまさ (志村のモノマネで)そうですね。今日はテリーさんとの対談ってことで、楽しみにしてました。

テリー (大拍手しながら)似てる! バカ殿とか「アイーン」とか、コントの志村さんをマネする人はたくさんいるけど、素の志村さんのマネでこんなに似てる人って、おそらく初めてだよね。そりゃあ人気が出るはずだ。

よしまさ いえいえ、恐縮です、ほんとに。

テリー 昔から志村さんが好きだったの?

よしまさ ええ、もう大ファンで。僕、今33歳なんですけど、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」とか「志村けんのだいじょうぶだぁ」とか、毎日ビデオを見てましたね。

テリー 「8時だョ!全員集合」は?

よしまさ 「全員集合」は、後からさかのぼって見てました。

テリー そもそも志村さんが好きなの? モノマネが好き?

よしまさ 志村さんやドリフの番組と並行してモノマネ番組も大好きでずっと見ていて。それが今になって合体したんです。

テリー じゃあ、学生時代なんて志村さんのマネで大人気だったでしょう。

よしまさ それが、モノマネは高校の時からやってたんですけど、志村さんのことは好きすぎて「モノマネをする」っていう発想がなくて。始めたのは志村さんが亡くなられてからなんですよ。

テリー ええっ、最近じゃない。

よしまさ そうなんです。でも、志村さんが亡くなられたショックで始めたモノマネだったので、もしお元気だったらモノマネしてなかったかもしれません。そう考えると複雑ですね。

テリー 完成するまでどのぐらいかかったの?

よしまさ 志村さんが亡くなって1、2カ月経った頃に、朝起きて、何となく急にやってみようと思ったんですけど、第一声から「あ、イケる」って思いましたね。いつもモノマネする時は声を録音するんですけど、「あ、できた!」って。

テリー すごいな、天才じゃん!

よしまさ いえ、そんなことないですけど。志村さんの情報があまりにも頭に入りすぎてたので、自然とできたんだと思います。

テリー 志村さんのファンも喜んでくれてる?

よしまさ そうですね。「ありがとう」とか「ずっと悲しくて志村さんのコントを見られなかったけど、見られるようになりました」とか、そういう声をいただきますね。

テリー そうか、みんな感動しちゃってるんだ。それ、ちょっとイヤだね。

よしまさ そうですね。思ってた反応と違ってビックリしてますね。好きでモノマネしてるだけで、ご本人ではないので。できれば笑ってほしいっていうのはありますね(苦笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」