スポーツ

まずは打撃コーチ兼任に…「中田翔を幹部候補生として育てる」巨人に浮上した仰天プラン

 最下位争いからクライマックス・シリーズ出場圏内のAクラスに浮上し、息を吹き返しつつある巨人では、原辰徳監督と中田翔を巡って、仰天情報が流れている。なんと、中田を幹部候補生として育て上げようというのだ。スポーツ紙デスクが言う。

「中田は右太腿を痛める前まで絶好調で、早期復帰が待ち望まれていました。今や中田は原監督にとって最も覚えがめでたい選手ですよ。とても外様とは思えない」

 いくら全権監督とはいえ、今季をBクラスで終えれば、さすがに責任論が噴出する。それだけに、巨人打線を支える存在となった中田を無視できないのだろう。

 その上、中田の「予想外の指導力の高さ」を利用しようとの意図もあるようで、在京テレビ局プロ野球担当スタッフは、

「原監督は、レギュラーに定着しつつある秋広優人を育てたのは打撃コーチではなく、公私ともに面倒を見ている中田だと思っている。その力を利用するつもりではないですか」

 34歳とベテランの域に達した中田だが、すぐに引退してコーチに就任するわけにはいかない。そこで持ち上がるのが、打撃コーチ兼任プランだ。

「今季中は無理かもしれないが、来季以降は兼任コーチにする可能性はありますね。その立場で、1軍に帯同する有望な若手選手を1人か2人、預けるんじゃないかな。サプライスが好きな原監督のことだから…」(球団関係者)

 現在、阿部慎之助ヘッド兼バッテリーコーチ、巨人監督の経験者である高橋由伸氏などが、ポスト原候補に挙がっている。だが、いずれも決め手がないのが現状だ。このまま原監督がある程度の成績を残し続けて、全権監督としての立場にとどまれば、後継者の人事は思いのまま。まさか暴力事件を起こした中田が、紳士たれという巨人軍の指揮を執ることはないとは思うのだが…。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」