社会

古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察

 近年の研究によれば、現存する文字はおおよそ約5500年前のものだとされる。そしてそれらの文字を人間に伝えたのは、地球を訪れていた地球外知的生命体、つまり宇宙人だったのではないか。

 そんな仮説をもとにした研究本が、アメリカの天体物理学者カール・セーガンとヨシフ・シクロフスキーによる共著「Intelligent Life in the Universe」(1966年出版)だ。

 同著には、現在のイラクにあたる古代シュメールに伝わる「オアンネス」という幻獣が、実は宇宙人だった可能性について考察されているのだが、

「シュメール文明は紀元前4500年から1900年にかけて繁栄したとされる、メソポタミア南部史最古の文明。その中にはシュメール人に文明を与えた『神』であり、人間以上の知性を備えたオアンネスという生き物が登場します。紀元前300年頃、バビロニアに存在した大地神ベルの神官であるベロッソスが書いた『バビロニア史』によれば、オアンネスはペルシャ湾から突如として現れた生き物。全身が魚の鱗のようなもので覆われ、頭の下にもうひとつ頭があり、魚の尾とともに人間の足のようなものがついていたといいます。その姿は、あたかも潜水服、あるいは宇宙服を着ているように見えることから、宇宙人説が根強かった」(古代文明研究家)

 セーガンらの考察によれば、「オアンネス伝説」はシュメール人の子孫により何世代にもわたって語り継がれてきた。彼らの先祖がなんらかの理由で、「シュメール文明の起源は地球人ではなく、オアンネス」だと考えていたことは間違いないだろう、と。だからこそ、オアンネスの功績を称えるため、あえて粘土板などに描いたのではないかと分析しているのだ。

 なお、紀元前14世紀頃のアマルナやアッシュールの時代に出土した粘土板の断片には、大洪水が起こる以前の七賢人の物語が記されている。賢神エアの使者である七賢人の筆頭は「アダパ」という名の半神人だが、前述した「バビロニア史」には、この「アダパ」を「オアンネス」と記載されている。そこも謎なのだという。

 はたして古代文明の粘土板に記された、宇宙服を着た謎の生物の正体は何か。壮大な古代のロマンを前に、研究者の夢は無限の広がりを見せている。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった