芸能

太川陽介ショック!「ローカルバスVS鉄道」対決旅がバス路線廃止とルート設定難で「存続危機」に

 太川陽介の人気番組の今後を心配する声が、ファンから上がった。きっかけは5月15日の「水バラ」(テレビ東京系)で放送された「ローカル路線バスVSローカル鉄道乗り継ぎ対決旅 大感謝祭!視聴者還元SP」である。

 これは昨年3月に放送された第15弾の再放送。とはいえ、ただの再放送ではなく、太川と村井美樹が解説を加えながら、2人が訪れなかった店のグルメを紹介するという、新たな要素があった。これにテレビ誌記者は不満をあらわにする。

「2人の解説に興味を引かれるものはなく、グルメ情報も少ない。実質的には、ただの再放送でした。これなら新たな回を放送してほしかった。番組ファンも同じ思いですよ」

 では、なぜ新作を放送しなかったのか。テレビ誌記者が続けて、その理由を指摘する。

「この『バスVS鉄道』は、ルート設定が難しい。まず、バスと鉄道が両方ともないといけません。鉄道があってもバスが途切れていたり、バスがつながっても近くに鉄道がなければ、番組の舞台としては不適当。さらに番組的には、バスチームと鉄道チームが接戦になるようなルートとなると、簡単には見つからない。千葉と茨城が何度も舞台になっているのは、他のルート探しに困っている証拠です。今回、本当は新たな旅をしたかったのですが、ルート設定が間に合わなかったのではないか」

 この問題は時が経てば解決するものではなく、むしろバス路線の減便や廃止という世の中の潮流によって、より困難になっていく。ルート設定ができないことを理由に、番組が終了する可能性も否定できないのだ。

 太川と村井の激しい戦いに手に汗握る、多くのファンがいる本作。今後、続けていくには、なんらかのルール変更が必要になるかもしれない。

(鈴木誠)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】